新卒の海外就職

新卒でもマレーシアのコールセンターで働ける?

新卒でもマレーシアのコールセンターで働くことはできるのかな 新卒でマレーシアのコールセンターで働くことのメリット・デメリットとは何だろう こういった疑問に答えます。 最近は大学生でも留学が必須化されている学校も増えてきました。留学だけではなく、実際に海外で働きたいと、新卒の頃から考える方も増えている...

マレーシアのコールセンターで海外就職。年齢って何歳までOK?

マレーシアのコールセンターで海外就職。年齢って何歳までOK?

海外就職で年齢の適齢期って? 海外就職の年齢の上限ってあるのかな? 逆に、海外就職って年齢の下限もあるのかな? こういった疑問に答えます。 マレーシアのコールセンターで働きたい方に多いご相談に以下のものが良くあります。 現在53歳の公務員です。海外就職に興味があったのですが、日々仕事をしているうちに...

海外就職の前に中国の概要を知る

【海外コールセンター就職の基本】中国を知ろう

中国は気づけば覇権国として、確実にその存在感を高めつつあります。日系企業の撤退が進み、景気後退が報じられる一方、2022年にはアメリカのGDPを抜く予測もあり、国際的な発言力をさらに増すことが予想されます。 余りに広い中国を一括りにすることはできませんが、概ね以下の特徴があります。 華北の首都の北京...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜ベトナム編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜ベトナム編

勢いにのるベトナム経済。米中貿易戦争で棚ぼた的に外資の投資が止まりません。 日系企業も勢いが良い感じがします。日系企業はメーカーはもとより、ベトナム政府の積極誘致でIT企業も多く、こういった企業はちょっと今っぽい空気が流れています。 「海外来たら、より濃密な日本ムラが存在していて辛すぎる」という度合...

タイで働く

【海外コールセンター就職の基本】タイを知ろう

海外就職の王道タイ。10万近い日本人が住んでいるともいわれ、肌感覚は「それ以上では」という声も良く聞きます。日本の息苦しさや経済成長をビジネスチャンスと捉えた人の移住先として不動の人気を誇ります。 最近は自動車メーカーや関連職種といった業界から広告、サービス。さらにはITのフリーランスなど多くの人が...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜台湾編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜台湾編

親日国で食事も美味しい台湾。 おしゃれなカフェや親切な台湾人とふれあい、ここで働きたいと思った人も多いのではないでしょうか。 台湾の日本人求人は、経費削減や人手不足で駐在員を出せない日本企業が日本人を現地採用で採用する場合などに発生します。 ただし、中国語がビジネスレベルで求められる、給与が安い、日...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜フィリピン編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜フィリピン編

フィリピンは7,000を超える島からなる島国です。人口が増え続け、平均年齢が若いのが特徴です。行ってみたらわかるでしょうが街には20代を中心とした若年層があふれています。 海外就職の前にフィリピンの概要を知ろう! 基本情報 正式国名 フィリピン共和国 面積 299,404平方キロメートル(日本の約8...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜香港編

香港は中国の南に位置する中国の特別行政区です。 特別行政区は外交と防衛以外の高度な自治権が認められており、法体系、経済政策などすべてが中国と違います。例えば香港には中国と異なり、死刑制度はありません。また、香港は個人所得税が最高で17%である一方、中国は最高で45%ということで、稼げる人にはお金が貯...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜インドネシア編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜インドネシア編

インドネシアは海外就職したい人の中での人気はいまいちです。 距離が遠いこと、イスラム教国であり、文化・慣習が違うこと、言語が通じないことが人気がいまいちな理由です。一方、人口が3億人近くおり、毎年5%を超える経済成長率が続いており、東南アジアの大国になる可能性を秘めています。 海外就職の前にインドネ...

【海外コールセンター就職の基本】マレーシアを知ろう

マレーシアはタイとならぶ「海外就職」ブームの聖地です。 人気になるもっともな理由もあります。英語圏であること、東南アジアの温暖な気候、穏健な多民族国家などこういったイメージを抱いて多くの日本人が海外就職を通じてのマレーシア移住に挑戦しています。 同時に人気があるため、必ずしも高待遇では無い求人に多く...