リストラ

リストラされたら、それは海外就職のチャンス マレーシアのコールセンターで働こう

日本では消費税が10%に上がり、今後の日本経済が不透明になっています。現状は景気がまずまずではありますが、長いスパンで見ると人口減少や社会負担の増大などあまり明るいニュースがないのが現状です。 中小企業はもとより、大企業でもリストラが活況を呈しています。今回のリストラは構造改革に伴うもので、短期的な...

マレーシアのコールセンターの給与

マレーシアコールセンターの給料事情を公開

マレーシアでのコールセンターの給料はいくらくらいかな マレーシアのコールセンターの給料は高いのかな、安いのかな こういった疑問に答えます。 働くうえで気になるのはやはり給料の話。日本ならまだしもマレーシアでの給与水準というのは日本にいたら、よくわからないですよね。 マレーシア統計省の調査によれば、マ...

マレーシアのコールセンターのタイピングテスト

マレーシアのコールセンター・タイピングテストは焦らずやれば大丈夫です

マレーシアのコールセンターは外資系企業が多いため、採用活動も定量的に行われています。具体的には、日本の転職時の面接のように、愛嬌や可愛げと言った定量化がしづらいものが評価されるというよりは、語学力、スキル、経験がかなり科学的に評価されます。テスト対策が上手く体裁だけが良い良い人が評価される訳ではない...

マレーシアのコールセンターのインバウンド業務とは

マレーシアのコールセンター・インバウンドって何?インバウンドの「歩合」ってどうやって決まるの?

そもそも、コールセンターのインバウンド業務とは何だろうか? マレーシアのコールセンターのインバウンド業務とは何だろうか? マレーシアのコールセンターのインバウンド業務で得られるインセンティブ(歩合)とは何ですか? こういった疑問に答えます。 コールセンターで働こうと思った時に、求人票を読んでみると、...

英語圏の地方

地方に住んでいて英語ができるのなら、いっそマレーシアで働いたほうが良い

地方でも英語を使って仕事をしたいというニーズは一定数あります。もちろん日本で言えば東京や大阪といった大都市、に英語を使ったビジネスは集中していますが地方でも一定数の英語が必要となる仕事というのはあります。例えば地方の場合以下のような業種・職種でニーズがあるといえましょう。 地方で英語を使って働ける仕...

マレーシア・コールセンターの実態

マレーシアのコールセンターの実態を語ります【天国か、地獄か】

マレーシアのコールセンターでの実態とはどのようなものか。 離職率が高いというけど、マレーシアのコールセンターの実態というのはどのようなものだろう。 こういった疑問に答えます。 マレーシアのコールセンターで働きたい人は、一定数います。 最近ではAbemaTVでマレーシア移住が話題になったり、ボンビーガ...

マレーシアのイポーで世界クラスの美食を楽しもう

日々マレーシアでの海外勤務は疲れますよね、マレーシアの良いところは多様性のあるいろいろな街で、マレー系・中華系など様々な食文化や生活文化を体験できるところです。コールセンターの仕事はクアラルンプール、セランゴール、ペナンに集中していますが、少し離れると都会とは違うゆったりとした街で週末を過ごすことが...