fbpx
マレーシアコンビニ事情

お酒にコピーも!マレーシアのおすすめコンビニ

マレーシアに移住するにあたり、気になることの一つといえば現地のコンビニ事情という人もいるかもしれません。 日本のコンビニでは雑誌や本、さまざまな生活用品、消耗品からドリンク類、キャッシャー近くのホットスナック類、宅配便の荷受けや受け取り、各種チケットの発券、公共料金の払込などなど……ほぼ生活に必要な...

【海外コールセンター就職の基本】マレーシアを知ろう

マレーシアはタイとならぶ「海外就職」ブームの聖地です。 人気になるもっともな理由もあります。英語圏であること、東南アジアの温暖な気候、穏健な多民族国家などこういったイメージを抱いて多くの日本人が海外就職を通じてのマレーシア移住に挑戦しています。 同時に人気があるため、必ずしも高待遇では無い求人に多く...

マレーシアの教育移住

マレーシアに教育移住をする前に知っておきたい学校のこと

なぜでしょう。11月のお問い合わせの半分以上は、お子さん連れてのマレーシア就職に関するご相談でした。 日本から直行便で約7時間の熱帯の国マレーシア。東南アジアの中では比較的治安も安定していて、また物価も日本の半分程度のため、欧米諸国と比べると経済的にも負担が少ないといった印象です。 そしてMM2H、...

マレーシア長期滞在ビザMM2Hとは

マレーシア移住に必要なビザについての概要 日本人のロングステイ先の人気が10年以上1位のマレーシアはここ数年で海外就労や教育移住などで大変注目を集めています。移住でまず必要となるのがビザ(査証)です。 短期(90日以内)の滞在で日本国籍を有する者が(日本のパスポート取得者)が観光、商用、知人親族の訪...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜インド編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜インド編

大国インド。 人口では中国を越え、世界一の人口を占めることが確実。英語が公用語であり、アメリカ・イギリス・シンガポールなどの先進国・旧宗主国に人材を送り続けます。昨今ではマイクロソフトでインド人がCEOになるなど、インドが注目を集めます。極めて高いポテンシャルを持つインドは日本人にとってはまさに異文...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜カンボジア編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜カンボジア編

カンボジアのイメージはどのようなものでしょうか。アジアでの海外就職を考える人の中で、カンボジアで働きたいという人は少数ではないでしょうか。NPOや慈善事業に関わりたい人以外では。 ただ、ここ数年中国、韓国、日本など外資の投資を積極的に受け入れ、軽工業からの脱却を図ろうと躍起になっています。経済成長率...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜シンガポール編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜シンガポール編

シンガポールは海外就職したい人の中で人気の国です。 一方、ビザの難易度が今でも上がり続けています。そのため、一般企業に勤務するためには学歴・職歴などの要件が必要になります。 海外就職の前にシンガポールの概要を知ろう! 基本情報 正式国名 シンガポール共和国   面積 720平方キロメートル...

海外就職の前に中国の概要を知る

【海外コールセンター就職の基本】中国を知ろう

中国は気づけば覇権国として、確実にその存在感を高めつつあります。日系企業の撤退が進み、景気後退が報じられる一方、2022年にはアメリカのGDPを抜く予測もあり、国際的な発言力をさらに増すことが予想されます。 余りに広い中国を一括りにすることはできませんが、概ね以下の特徴があります。 華北の首都の北京...

【海外就職の基本】その国を好きになる〜ベトナム編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜ベトナム編

勢いにのるベトナム経済。米中貿易戦争で棚ぼた的に外資の投資が止まりません。 日系企業も勢いが良い感じがします。日系企業はメーカーはもとより、ベトナム政府の積極誘致でIT企業も多く、こういった企業はちょっと今っぽい空気が流れています。 「海外来たら、より濃密な日本ムラが存在していて辛すぎる」という度合...

タイで働く

【海外コールセンター就職の基本】タイを知ろう

海外就職の王道タイ。10万近い日本人が住んでいるともいわれ、肌感覚は「それ以上では」という声も良く聞きます。日本の息苦しさや経済成長をビジネスチャンスと捉えた人の移住先として不動の人気を誇ります。 最近は自動車メーカーや関連職種といった業界から広告、サービス。さらにはITのフリーランスなど多くの人が...