マレーシアのコールセンターのボーナスとは

マレーシアのコールセンターのボーナスとは

マレーシアのコールセンターにボーナスってあるの?

マレーシアのコールセンターのボーナスってどうすればもらえるの?

こういった疑問に答えます。

ソトシゴトに最近寄せられる質問の一つに、マレーシアのコールセンターでボーナスが出るかの問合せがあります。

日本にいる方からの問合せが多いので、ボーナスなど賞与が気になるということなんでしょうね。

これまで、200名以上の日本人の海外就職支援をしてきました。今日はマレーシアのコールセンターで働く際のボーナスについて記事にしてみたいと思います。

マレーシアのコールセンターのボーナス

マレーシアのコールセンターのボーナス

マレーシアのコールセンターでは日本のような「夏のボーナス」「冬のボーナス」といったボーナス(賞与)を出す会社はほとんどありません

ボーナスは、一部のマレーシアの日系企業は出してくれるところもあります。ただ、以前に記事で書きましたが、相対的にマレーシアの日系企業はコールセンターに比べると給与が安めな傾向です。

またボーナスは会社の売上が好調な時に支給されるので、ここ数年、ボーナスの制度はあるが、支給していないという会社もあるので、ご注意ください。

マレーシアのコールセンターの賞与

マレーシアのコールセンターの賞与

マレーシアのコールセンターの場合、個人のパフォーマンスに応じて、インセンティブを出している会社は多くあります。これを賞与と言っている会社はあります。

マレーシアのコールセンターの場合、インバウンドといって顧客からの連絡に対応する業務が多いので、品質管理をする管理職が「効率的に問合せ対応できたか」「問合せ対応はルールに従ってできたか」といった観点から評価されることになります。この一定基準に達した人を対象に、毎月のベースの給与に加えて、賞与が支払われることになります。

金額はベース給料に比べてそこまで大きくなく、100〜1,000リンギット程度の会社が多いです。

以前現役でマレーシアのコールセンターで働く人にインタビューした際に、「若い人は相対的に賞与狙いで気合を入れて稼いでいる人が多いかも」という意見を聞いたことがあります。

マレーシアのコールセンターの平均勤続年数は1〜2年と比較短い傾向があるので、年に1〜2回あるかないのか分からないボーナスを待つよりは、毎月きちっと結果を出せばもらえる賞与のほうが支給総額としては良いのかもしれません。

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録
LINEで送る
Pocket