外資系・海外就職に強い人材紹介会社JAC Recruitmentを活用したい理由

海外就職
  • JAC Recruitmentってどんな人材紹介会社なのかな?
  • JAC Recruitmentはどんな人にお薦めなの?

こういった疑問に答えます。

私は自身も海外就職をして、今も海外で暮らしています。現在は、海外で働きたい人へのご相談を受けることが良くあります。日本に住んでいれば当然なのですが、良く聞かれる相談の1つに「どうやって海外での転職活動をすれば良いの?」というものがあります。

そもそも海外就職の勝ちパターンとは?

どこの国で働きたいかが明確になっていれば、人材紹介会社を使うのが良いでしょうね。アジア各地にも日系企業が現地で創業した人材紹介会社があります。長い歴史があれば、それだけ多くの企業の経営者とも親しくなっていますし、信頼されやすいのは間違いありません。

アジアの海外就職の場合、「誰かを解雇して、別の人を採用したい」「新たに現地法人を設立する予定で、その新法人の責任者を探している」など企業秘密に近いデリケートな案件も多いのです。そのため貴重な求人情報は人材紹介会社にのみ共有されているということも多いのです。

長くビジネスをしているということは人材紹介会社選びの重要な指標なのです。

JAC Recruitmentはどんな人材紹介会社なの

海外就職をしたい日本人にとってJAC Recruitmentという会社があることはかなりラッキーです。

JAC Recruitmentは1975年にイギリス日本人によって創業された会社です。その後、1987年にアジア初の拠点をシンガポールにつくります。その後、1988年に日本法人を設立します。つまり、もともと海外で人材紹介ビジネスをしてきた会社なんですよね。

現在は日本でも外資系に強い人材紹介会社として、転職時の強い味方なのですが、それよりもなによりもアジアを中心とした海外で人材紹介ビジネスをやってきた会社なんですよ。

強みは外資系企業に強いパイプがあって、彼らから求人ニーズの情報を持ってこれることです。管理職高給のポジションが多いのが特徴です。日系企業の現地採用の給料が良くないことはご存知の方も多いと思いますが、外資系の給与は相対的に高いです。良い求人情報を持っているJAC Recruitmentは海外で働きたい日本人には強い力になってくれるでしょう。

JAC Recruitmentは海外就職ではどんな人にお薦めなの?

実際にJAC Recruitmentが扱っているアジア各地の海外就職の求人を見ていると、やはり給与の高い案件が多い事に気づきます。そのため、一定のスペックがあった方がポジションにあるので、人材紹介会社の人も本気でやってくれるでしょう。

具体的には以下の5点かと思います。

(1)そこそこ高学歴であること。

「そこそこ」と書いたのには、日系企業の「現地採用」の場合、旧帝早慶上智である必要はないということです。駐在員になる人は日本のトップ校出身者が多いのが現状ですが、現地採用にはそこまで求められていないことが多いです

(2)英語力と中国語などの言語能力が高いこと。

英語力は必須です。日系企業の場合でもローカル社員との会話が英語のところが多いです。タイやベトナムなど公用語が英語でない国でも、基本的には英語となります。

中国、台湾の場合は加えて中国語が求められます。

(3)技術系などスペシャリストであること。

手に職があれば、年齢が60歳近くても採用してくれることがあります。また、工場長などであれば、技術がわかった方のほうが求められることが多いです。

(4)その国に住んだことがあること。

留学でも就職でもその国に住んだことがある人なら、ミスマッチが少なくて人材紹介会社も安心して企業に紹介できます。例えば、タイでタイ語の語学学校に通ったことがある人なら、在タイの企業に安心して推薦できます。ネットで憧れだけで応募して来た人を推薦するよりよっぽど推薦しやすいです。

(5)マネジメント経験があること。

小さなグループでも良いので、マネジメント経験がある人は評価されやすいです。組織の脆さを分かる人は実際に試行錯誤したことのある人だけです。

日本のJAC Recruitmentとの違い

日本のJAC RecruitmentアジアのJAC Recruitmentとの違いですが、私が登録した時に以下2点の違いを感じました。

アジアのJAC Recruitmentは若い人歓迎!

日系企業の「現地採用」の構造的問題として、駐在員の下に入ることが多いということがあります。そのため、年齢は若い層、20代〜30代の仕事が結構あると思いました。

日本のJAC Recruitmentのホームページをみていると、30代、40代、50代の転職に注力しているように見えますが、アジアのJAC Recruitmentはそうではなさそう。20代、30代の若い人たちも遠慮せずに登録にいって大丈夫です

JAC Recruitmentの拠点間の情報交換は実際どこまでスムースなのだろうか

JAC Recruitmentはアジアの主要国にあります。

シンガポール JAC Recruitment Singapore
マレーシア JAC Recruitment Malaysia
香港 JAC Recruitment Hong Kong
インドネシア JAC Recruitment Indonesia
タイ JAC Recruitment Thailand
韓国 JAC Recruitment Korea
中国 JAC Recruitment China
ベトナム JAC Recruitment Vietnam
インド JAC Recruitment India

拠点間の情報交換は密にされているとは思いますが、一方で各拠点・各担当も予算があるので、登録時には海外就職をしたい場合、どこで働きたいのか明確に言いましょう。

私も以前、香港かシンガポールのいずれかで仕事を探したことがありました。拠点間の情報交換も密とは言われていますが、実際複数国で仕事を探す時は、それぞれの国のJAC Recruitmentに連絡してみて良いでしょう。

アジアで働くならJAC Recruitmentがオススメな理由

アジアの海外就職では、多くの人は日系企業で働くことになるでしょう。特に1社目は。

どうしても待遇が今いちな現在採用は、少しでも高待遇の求人を探す情報戦のようなものです。JAC Recruitmentは強い味方になってくれます。

コメント

  1. […] [JAC Recruitment](https://www.jac-recruitment.hk/ja) 日本ですと高額案件が多いと良く広告を見ますが、香港でも条件の良い求人もありますし、後は日系企業以外の会社との取引が多いので、普通には見当たらない求人も多い印象です。 JAC Recruitmentが日本人が海外ではじめた人材紹介会社であることはあまり知られていません。 […]

  2. […] 外資系・海外就職に強い人材紹介会社JAC Recruitmentを活用したい理由JAC Recrui… 海外就職に強い人材紹介会社JAC Recruitment […]