【2022年8月】マレーシアの生活費や物価について

マレーシア2022年8月現在の物価

2021年6月にマレーシアと日本の物価についての情報をお伝えしました。

【2021年】マレーシアの物価と日本の物価を比較してみた

MCO(Moving Control Order=マレーシアのロックダウン )となっていました。そして現在2022年は社会生活がほぼ正常に戻りました。

マレーシアでも食料品、生活用品、外食などの料金は昨年と比べるとあがっています。これは世界的な傾向ではないでしょうか。
とはいえシンガポール、ニューヨークといった都市の40%ほどのコストで生活できるとのデータもあります。またクアラルンプールの生活費は世界の260都市のうち222位(※)と都市の規模や整備されたインフラがあるその他の場所と比べると安いといえます。

※参照:「世界の駐在費用」(英語版)より

住居費

前年同様、外国人、駐在などが住む標準的なコンドミニアム、シェアハウスなどの家賃となります。
クアラルンプール中心部のKLCCエリア(ペトロナスツインタワー周辺のエリア)でコンドミニアム内のシェアハウスとユニットの一例を見てみます。家具付き、(家賃に含まれる)掃除サービス付きです。
※一例のため、相場感をつかんでいただけると幸いです。

◎シェアハウス(room rental、room for rentなどで検索)
RM1000(約3万円)〜となっています。
ユニット内の貸し部屋となりますので、部屋によって設備は異なります。家賃はバスルーム共用/専用、広さなどによっても異なります。もちろん専用バスルーム付きの部屋の方がRM500(約1万5000円)前後、家賃が高くなっています。

◎コンドミニアム(コンド)
2ベッドルーム、RM3200〜(約9万6000円〜)。駐車場2台、バスルーム2カ所(バスタブなし)。

今回参考例とした物件は場所柄を考えるとクアラルンプールの中でも家賃相場が高めですが、現在の物価上昇率を考えると比較的安定しているいえます。
というのも、不動産売買はまだ復調傾向にあるため、取引が少なく部屋が余っているため借り手市場となっています。
マレーシアに移住し、住むところを探す場合は比較的予算が組みやすい状況となっています。

光熱費

電気料金は発電コストが33%上昇しましたが、政府が補助金を出しているので電気料金自体に大幅値上げはありません。ただしこの措置は現在のところ12月31日までとされています。
マレーシアの電気料金を左右するのは1ヶ月あたりの総使用量です。使用量が多いとkWhあたりの料金が高くなります。2021年12月のデータとなってしまいますが、平均するとRM0.22(約6.6円)/kWhです。ちなみに日本は約30円なので安く感じられるかもしれませんが、ローカル以外はエアコンの利用時間、部屋やコンドの広さによって全く違います。
コンドミニアム(ユニット)の場合、今後に備えて以下のサイトから想定される今後の電気料金額を計算することもできます。

https://myelectricitybill.my/bill_calculator_domestic.html

シェアハウスの場合は光熱費(Utility Costs)は家賃に含まれるか、あるいは別途一定額を電気、ガス、水道、インターネットまとめて住人で割った料金と合わせて払うので大幅なアップはないかもしれません。

通信費

マレーシア最大の通信会社マキシス(Maxis)の2022年7月現在のプランを例にします。
同社のプリペイド(注)ブランドであるホットリンク(Hotlink)は、データのみの5GBプランでRM35(約900円)/30日。
日本の月払いにあたるポストペイドであれば50GB〜で、通話とSMSの利用無制限、1人とプランシェアが可能でRM98〜(約2940円〜)です。
昨年と比べ、ほぼ横ばいとなっています。

ガソリン代

世界的な価格高騰の中、政府の補助もあり1リッターあたりRM2.05(約61.5円)、ディーゼルはRM2.15(約64.5円)です。日本は約168円なのでマレーシアの約3倍ほどです。

タクシー代

タクシー配車アプリを使ったタクシー代ですが、4月以降利用者が増え、コロナ前の水準にドライバーが戻らないとのことで高騰しています。個人的な体験となりますが、平日の午後、目的地まで高速道路経由で約7km(空いていれば10分)の乗車料金がRM15(約450円)が最大でRM25(約750円)になっていました。

外食費・食費

外食の値段があがっています。量を減らしてさらに価格もアップという店もあります。4月以降10〜20%ほどメニュー改定となっているようです。
これは人件費というよりも世界的な食材の高騰などによる理由のようです。

【外食の現在の参考価格の一例】
人気のとんかつ店の定食(ごはん、みそ汁、漬物付き)
特大ロースカツ定食 RM36.9(約1107円)
かきふらい定食(5粒) RM38.9(約1167円)

食料品、生活用品の具体的な価格

クアラルンプールには駐在・外国人向けのスーパーがいくつかあり、海外からの輸入品なども豊富にあり充実しています。
こちらのブログでも何度かお伝えしているのが、ジャヤグローサー(Jaya Grocer)、ヴィレッジ・グローサー(Village Grocer)、B.I.G.(Ben’s Independent Grocer)、メルカート(Mercato)そして日系のイオン(AEON)、マックスヴァリュープライム(MaxValue Prime)などです。

これらのスーパーでは今の世界情勢が反映されているせいなのか(筆者の体感となりますが)ここ3ヶ月で10%ほど価格上昇をしている印象があります。
またイスラム教徒が国の60%以上を占めるマレーシアで肉といえば鶏肉なのですが、こちらも飼料の世界的な高騰やサプライチェーンの混乱などが原因と見られています。
6月末まで1kgの標準的な鶏肉の価格はRM8.9(約267円)でしたが、7月からRM9.4(約282円)となりました。この価格には政府の補助があります。

【食料品などの現在の参考価格の一例】
マレーシア産ヨーグルト RM1.8(約54円)
すいか 1kg/RM5〜5.5(約150円)
海外産日清カップヌードル(シーフード味) RM4.2(約126円)
鶏もも肉(抗生物質・ホルモン剤不使用) 1kg/RM28.9(約867円)
えのきだけ 100g/RM0.95(約29円)
ブランド豚バラ肉 1kg/RM75.9(約2277円)
キャベツ、白菜 1kg/RM7.5(約225円)
冷凍枝豆 500g/RM12(約360円)
長ネギ 1kg/RM25(約750円)

ただし、マレーシアでは選択肢が多くあり、例えば市場やクアラルンプール郊外などでは、そこまでの物価上昇は感じられないこともあります。

物価が日本に追いついてきた部分もある反面、ホテルの宿泊費、娯楽費などが驚くほど安いという面もあるマレーシアの魅力は住んでみて実感していただけたらと思います!

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録

ソトシゴトの海外・リモート求人情報!

マレーシアのクアラルンプールで英語不問の求人です。初めての海外就職の機会にもなるBPO企業でのカスタマーサポート業務です。

日本で人気のフードデリバリーサービスのカスタマーサポートに日本語・英語で挑戦しませんか?マレーシア・クアラルンプール近郊の求人です。

フィリピンの求人です。オンラインゲーミングのマーケティング職になります。

人気のフードデリバリーサービスのカスタマーサポートのオペレーションマネージャーとして全体を統括していただきます。

BPO企業でのデジタル広告セールスポジション。大手ソーシャルメディアの広告商品をセールスします。

業務内容は アフィリエイトパートナーの新規開拓 既存のアフィリエイトキャンペーンをモニターし、それらがコンプライアンス違反してないかのチ…

採用企業はオンラインゲーミングのカスタマーサポートを提供する会社です。業務内容はアフィリエイトパートナーの新規開拓などです。

主な業務内容は オンラインゲーミングの日本市場でのアフィリエイトネットワークを増やしパフォーマンスを伸ばす コンテンツチームと共にキャン…

勤務地は香港です。 以下の中から2つ以上の技術をお持ちの方: スロットゲームのキャラクター作成 漫画スタイルでのイラストレーション制作 3Dアニ…

勤務地は香港です。 仕事内容はAdobe photoshopとIllustlatorを使ってのウェブサイトや広告SNSなど、オンライン用のグラフィックデザインの作成。 2年以上…

Full Time
香港
2か月 に掲載

勤務地は香港となります。 オンラインゲーミング会社で、新入社員の研修、またカスタマーサポートの品質向上のために働きかける。(2年以上のカ…

オンラインゲーミングのウェブコンテンツの作成や、手続きのマニュアルやニュースレターを書いたりしていただきます。

勤務地は香港になります。オンラインゲーミングのカスタマサポート企業が業績拡大にともない、日本語スピーカーを複数名募集です。

募集背景 採用企業はマレーシアの大手カスタマーサポート企業(BPO)です。マレーシア・クアラルンプール中心部にオフィスを構えます。 ご担当頂…

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア