fbpx

マレーシアのコールセンターでの面接プロセスを説明します

マレーシアのコールセンターの面接

マレーシアでのコールセンターの面接はどのようなものなのか。

マレーシアのコールセンターの面接では英語での質問はあるのだろうか。

マレーシアのコールセンターの面接突破の秘訣は何だろうか。

こういった疑問に答えます。

マレーシアのコールセンターでは、面接がどのようなものか気になるかという方は多いと思います。私はこれまで100名以上のマレーシアのコールセンター勤務希望者の方に情報提供や人材紹介サービスを行った経験があります。

ただでさえ、面接は緊張しますが、マレーシアの海外で働くための面接、不安な点も多いと思います。今回はマレーシアのコールセンターの面接の一般的なパターンについてご説明します。もちろん企業ごと、ポジションごとに異なる点はありますが一般的なパターンとして読んででいただければと思います。

マレーシアのコールセンターの面接の基本パターン

マレーシアのコールセンターの面接

管理職ポジションでない場合は一度の面接で終わるケースが多いです。

日本語ネイティブのポジションである場合、面接官は日本人が1名というケースが多いです。

面談時間は30分程度が多いですが、質問などがあると1時間程度になることもあります。

面接パターンは日本の面接はあまり変わりません。自己紹介、志望動機が主になります。会社に対して質問があれば、せっかくの機会ですので遠慮なく、してしまいましょう。 

マレーシアのコールセンターの面接 多くの場合は Skype で内定まで出る

マレーシアのコールセンターではスカイプ面談が一般的

マレーシアのコールセンターの面接では多くの場合を応募者は日本からとなります。そのため多くの企業では Skype 面接や電話面接で最終の採用結果が分かります。つまり面接のためにわざわざマレーシアまで出向く必要はないということです。

コールセンターで働く人は電話や E メールでのコミュニケーションがとても多くなります。そのため一部のコールセンターでは直接出向いての面接を受け付けてもいないところすらあるのです。

Skypeの場合、動画での面接になることが多いので、ビジネス向けの服装を着ておきましょう。

マレーシアのコールセンターとはいえ、英語での面接は必ずしもあるとは限らない

マレーシアのコールセンターでの英語面談

マレーシアのコールセンターの面接では必ずしも外国人による英語の面接があるとは限りません。そもそも日本語のみのポジションというものもありますし、英語が日常会話レベル以上求められるポジションであっても面接官は日本人が日本語のみということはよくあります。特にこれまでの職歴が良い方やカスタマーサポートの経験がある方、仕事で英語を使っていることが想像されるような方、TOEIC などのスコアが良い方、こういった方は日本語のみで面接があっさりと終わってしまうことも少なくありません。

当たり前ですが語学よりもまず求められるのはコミュニケーションスキルです。日本語でのコミュニケーションスキルがより大切ということです。

なぜマレーシアで働きたいのですかという質問をしてくるコールセンターの面接官が意外と多い

マレーシアでなぜ働きたいのか

日本の通常の転職であれば、「なぜ我が社で働きたいのですか」という質問はとても一般的なものです。ただマレーシアのコールセンターの場合、会社の知名度は低いので、会社についての知識を求められることはほとんどないでしょう。

ただ会社は採用した方がすぐに辞められることを避けたいという思いが強いので、なぜマレーシアで働きたいんですかという質問はかなり一般的な質問になっています。 マレーシアの国際的な環境の中で英語力を身につけたいといった一般的な回答で十分かと思います。 

マレーシアのコールセンターの志望動機を準備しておきたい人は以下の記事も参考にしてください。

マレーシアのコールセンターを受ける際の志望動機の研究

マレーシアのコールセンターでは面接中に簡単なロールプレイングテストを行う企業もある

コールセンターでのロールプレイテストも

数は多くありませんが、企業の中には Skype や電話での面接中に、実際に顧客への対応力を確かめるための試験が行われることがあります。カスタマーから寄せられた質問や苦情に対して「あなたなら、どういった回答をしますか」ということを電話やメールで回答をその場で求められることもあります。ただ事前に準備を行うと言ったほどの難しさではなく、常識があれば回答できるものばかりです。

マレーシアのコールセンター面接合格の秘訣とは

マレーシア・コールセンターの合格の秘訣

きちんとコミュニケーションのキャッチボールができるかということがとても大事です。当たり前ですが、実際に仕事が始まればいろいろな問い合わせに対応していく必要があります。マニュアルはきちんと完備されていますが、何よりも大事なのは問い合わせをしてきた人のニーズをくみとり、理解してあげる力です。これができれば良い結果が出るでしょう。

内定の場合、即日もしくは2〜3日で結果が出ることが多いです。コールセンターは競合も多いですからなるべく早く結果を出して早く内定受諾を取り付けたいのが本音です。

面接は緊張するものですが、面接官とコミュニケーションをきちんとはかることができればきっと内定がでますよ。頑張ってくださいね。

もしマレーシアのコールセンターでの実態についてご質問や不安が有る方はLINEでお問合せ下さい。人材紹介会社があまり語らない良い点や悪い点を率直にご回答します。

マレーシアのコールセンター・カスタマーサポートの求人情報はこちらから!

募集背景 人気のフード宅配サービスの日本市場向けのカスタマーサポートとして、 宅配サービスのご利用者・飲食点・宅配スタッフ 以上3者への...

もっと読む

Our client is a renowned customer support provider (BPO) company in Malaysia. Now they are looking for Korean speaker for their cloud sales role. Inte...

もっと読む

募集背景 新プロジェクト、旅行関係でBPO企業が採用を再開しました。9月27日マレーシアでの勤務開始予定です。待望の旅行プロジェクトが徐々に動...

もっと読む

Full Time
マレーシア
3週間 に掲載

募集背景 マレーシアをはじめグローバルな拠点を持つ有名BPO企業からの求人です。検索エンジン・オンライン広告・クラウドコンピューティングな...

もっと読む

募集背景 マレーシアをはじめグローバルな拠点を持つ有名BPO企業からの求人です。検索エンジン・オンライン広告・クラウドコンピューティングな...

もっと読む

募集背景 マレーシアをはじめグローバルな拠点を持つ有名BPO企業からの求人です。検索エンジン・オンライン広告・クラウドコンピューティングな...

もっと読む

募集背景 マレーシアをはじめグローバルな拠点を持つ有名BPO企業からの求人です。日本で働ける管理職ポジションを担える方を募集します。

もっと読む

募集背景 マレーシア・ペナン島での求人です。欠員補充のため、募集は1名。急募です。マレーシアもしくは日本どちらからも募集可能です。

もっと読む

募集背景 人気のソーシャルメディアのセールス担当として、顧客の広告戦略サポートを行うポジションです。見込みクライアントの情報収集、広告...

もっと読む

The employer is a renowned customer support provider(BPO) company in Malaysia. Now they are looking for Korean speaker for their client’s popula...

もっと読む

募集背景 はじめてマレーシア就職を検討している方向けのポジションになります。複数のポジションで現在募集をしていますので、ご興味有る方は...

もっと読む

募集背景 マレーシアクアラルンプールにてフードデリバリーサービスのカスタマーサポート業務に携わる日本人・日本語ネイティブの方を若干名募...

もっと読む

募集背景  日本でも人気のあるフードデリバリープロジェクトでエンドユーザーおよび出展いただくレストランに向けての記事をライティングいた...

もっと読む

募集背景 マレーシアのクアラルンプールにある外資系BPO企業が、企業の異動やビザなどモビリティに関するプロジェクトに参画の日本語人材の方を...

もっと読む

募集背景 マレーシアのクアラルンプール勤務で複数プロジェクトの求人が開始となっています。 具体的には(1)Customer service、(2)Digital Marketing、(3)Sales ...

もっと読む

LINEで送る
Pocket