マレーシアで海外就職したい高卒のあなたが気をつけるべきポイント

  • マレーシアで海外就職したいけど、高卒なのですが、ネットで調べてみるとコールセンターでも大卒求人ばかり。どうすれば良いんだろう。
  • マレーシアで海外就職したいけど、高卒の場合注意すべきことはあるのだろうか。

こういった疑問に答えます。

マレーシアで海外就職したい方の中には、高卒の方ももちろんたくさんいます。私は海外で長く海外就職支援の仕事をしてきました。その中には高卒の方もいます。

高卒の方のマレーシアでの就職可能性

高卒の海外就職とは

結論から言えば、高卒でもマレーシアのコールセンターで就職することは可能です。ただ昨今は海外全体として就労ビザを取得するのは難しい時代になりつつあります。

では、大卒資格なんてなくても良いのかと思うかもしれませんが、そんなことは全くありません。

学歴がないのであれば、職歴(専門性)か高給(その国に税をたくさん納められるか)で埋め合わせてくださいねというのが一般的な考えです。

マレーシアでビザを取ることを考えてみましょう。マレーシアの場合、就労ビザが出るための一般的な学歴要件は以下になります。

大卒の場合3年以上の関連する職歴
専門・高卒の場合5年以上の関連する職歴
高卒の場合10年以上の関連する職歴

10年というのは長いですね。結構大変です。でも、マレーシアにある外資系コールセンターはマレーシア政府から認められているMSCステータスを有しているケースがほとんど。このステータスがあると優遇措置として、ビザ発給で優遇を受けられます。長期間求められる職歴が緩和されるのです!

MSCステータスを有する企業のビザ発給基準】
大卒の場合新卒でも可
専門・高卒の場合1年以上の関連する職歴
高卒の場合5〜10年以上の関連する職歴(企業によって求められる職歴が異なります)

高卒の場合でも、かなり緩和されることがご理解いただけますでしょうか。アジアでもビザ発給のレベルが上がっています。東南アジアの給与・教育水準が上がる中で、各国が欲しいのは高付加価値人材です。そんな中でマレーシア(とくにMSCステータス企業)は高卒の方でも働ける貴重な国です。

マレーシアにある企業も人材紹介会社も面倒くさいことはしたくない

高卒でも問題ないマレーシアコールセンターでの就職

マレーシアの場合、日系企業にいる日本人の人事担当者は人事だけやっている人などいないことが多いです。人事に総務、さらには経理もやっていて、日本人向けの外国人ビザの細かい話など知らないケースがほとんど。一方、人材紹介会社も成約しないとお金が1円も入りません

なので、後々ビザ取得で働けないような面倒なことになるなら高卒の人は止めておこう、といった程度の理解で書類選考を通さないケースも多いです。その点、外資系コールセンターであれば、ビザ条件は緩いので、安心です。

高卒のあなたが海外就職したいなら、マレーシアのコールセンターはあり

マレーシアクアラルンプールの画像

何はともあれ、マレーシアに飛び込むきっかけを掴むことが大切です。マレーシアで複数年働いた実績があれば、マレーシアの他の企業への転職も可能です。

少し閉塞感漂う日本を離れて、経済成長が続く前向きな社会で働いて、英語力を身につけるのは悪くないでしょう。

高卒マレーシア海外就職の鉄板は人材紹介会社

高卒であれば、海外就職では人材紹介会社を使った方がよい

高卒の方の仕事探しの第一歩は、一旦大手の人材紹介会社に登録してみることをオススメします大手の人材紹介会社は取引先も大手で安定しているため、人材紹介会社の中では、現地のビザ情報などの情報取得にも手間暇をかけられるからです。

日本の大手人材紹介会社で海外で活発に展開している企業としては以下のようなものがあります。

日本で有名な人材紹介会社とは異なるヒエラルキーがマレーシア就職にはあります。

海外就職で高卒で働くことはビザの問題もあり簡単ではありません。ただ、現地のビザや企業に精通した人材会社を使えば、可能性があることがわかってもらえればと思います。

高卒のあなたの海外就職がうまく進むことをお祈りしています。

海外コールセンター就職ナビ」では、マレーシアのコールセンター・カスタマーサポート企業の求人情報・試験対策(タイピング試験)・面接対策などご質問を受けています。LINEから公式アカウントを登録してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です