地方に住んでいて英語ができるのなら、いっそマレーシアで働いたほうが良い

英語圏の地方

地方でも英語を使って仕事をしたいというニーズは一定数あります。もちろん日本で言えば東京や大阪といった大都市、に英語を使ったビジネスは集中していますが地方でも一定数の英語が必要となる仕事というのはあります。例えば地方の場合以下のような業種・職種でニーズがあるといえましょう。

地方で英語を使って働ける仕事はやりがいはあるが、待遇がいまいちのものが多い

地方で英語を使う仕事は給与が安い

(1)英語教師・英会話学校の先生

英会話学校での先生の業務です。日本人であっても英語が入っていてのできれば英語教師として働くためのニーズはあります。最近は都心以外の地方部でも英会話教室が人気になっています。正社員での募集は少なく、時給は1,000円以下のところが多いようです。

(2)インバウンド・観光関連の仕事

次に多いのが外国人観光客のおもてなし、観光関連の仕事です。ホテルやゲストハウスでの英語を使ったスタッフ業。あるいは観光で英語を使っての地元の名所や名物についてのガイドなど、英語ができる人のニーズは一定あります。ただし、観光業は付加価値が低く、地方では正社員で15万円程度といったものも少なくありません。

(3)外国人人材に特化した人材紹介会社での営業

外国人労働者や技能実習生の受け入れが地方の製造業を中心に活発になっています。多くのアジア諸国を受け入れるため、その際英語が使われることが多いので、英語ができればこういった外国人に特化した人材関連業の仕事を得られやすくなることがあります。基本的に雇われて働く場合の給与は20万円程度というものが多いです。

教育、ホスピタリティ(観光)産業、人材関連。英語を使って活躍できる仕事というのはもちろん素晴らしいですが、一方でやりがい搾取の色彩が強く、給与は下降しがちな業界でもあります。

地方でも、英語を使いたい人の心情とは

そもそも、英語を使って働きたいという希望の中には、国際的に活躍したいという思いを持つ方が多いのではないでしょうか。その気持ちの奥には、自由に活躍の場を広げたいより多くの人とコミュニケーションをとりたい開放的な環境の中で仕事がしたいという渇望があるはずです。

一方、地方の仕事というのは狭いコミュニティの中で人の顔色を伺って、限られた地縁・血縁の中で生きていくことに他なりません。 地元社会でのしきたり逸脱するような行動はタブーですし、その集団からの仲間外れになることになるでしょう。

地方で英語を使う仕事を探すぐらいならマレーシアのコールセンターがおすすめです

英語を使って地方ではたらくくらいなら、マレーシアのコールセンターで働いたほうが雰囲気も給料も良いですよ

なので、無理して英語を使って、安い給料で日本の地方で働くのであれば、いっそマレーシアのコールセンターで働くことをお勧めします。理由は以下の三つです。

(1)日本の地方の給与水準に比べて、給与が総体的高いこと

マレーシアの外資系コールセンターで働いた場合の給与は通常5,500リンギットから9,000リンギット程度になることが多いです。 これは日本円にしても16万円から25万円程度になることになります。もし英語ができるのであれば、さらに給与が高くなる可能性もありますし、昇進の可能性もあります。

これは日本の地方でもらえる給与よりも多いこともあります。その一方で、物価は日本の半分程度と言われています。クアラルンプール市内から20分程度の築浅のコンドミニアムであれば1 LDKで駅直結、プール・ジム併設のでも月3万円程度です。

(2)日常生活の中で英語をブラッシュアップすることができる

マレーシアは英語が公用語です。マレーシアのコールセンターでは、顧客対応業務は日本語でできたとしても、 外国人(当然!)上司への報告は英語で喋ったり、英語で書いたりといった事が必要になることが多いのです。このため、ビジネス英語のスキルはグングン上昇していきます。加えて、日常生活も、もちろん英語。教科書には載っていないスラングやテクノロジーの向上でネットでよく使われる言葉など、なかなかアップデートしなくては覚えられない英語も生活の中で学んでいくことができるのです。 せっかく身につけた英語力も日本の地方などにいては、錆び付いてしまいます。この点マレーシアであれば英語力はどんどん伸びていくでしょう 。

(3)マレーシアの多様性のある社会の中で日本の地方の息苦しさから抜け出よう

経済的な面や英語力といった単純な指標を超えて、のびのびとしたマレーシアの多様性のある社会の中で生きていきましょう。ルールも少なく、違いを前提とした社会は日本の地方のムラ社会に比べると過ごしやすいものです。海外で働くことはノーリスクではありません。もちろん厳しさもあります。とはいえ、多様性のある社会は日本の地方とは全く異なるしなやかさがあります。開放的な雰囲気の中でキャリアアップしていくのも良いでしょう。 

マレーシアは英語圏として海外就職で人気の国ではありますが、その中でも外資系のコールセンターは定期的に人を募集している貴重な企業と言えます。 英語圏に身を置くチャンスです。

また、日本でもコールセンターは沖縄県や島根県などで積極的に誘致しているようですが、もはや給与水準はマレーシアの方が高いこともしばしばです。であれば、長い人生の中でマレーシアのコールセンターで過ごしてみるのも悪くはないでしょう。

ソトシゴト・海外コールセンター就職ナビ」では、マレーシアのコールセンター・カスタマーサポート企業の求人情報・試験対策(タイピング試験)・面接対策などご質問を受けています。LINEから公式アカウントを登録してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA