マレーシアのコールセンター求人、英語不要な求人はここにある

マレーシアのコールセンターの求人を探したいと思った時に多くの人にとって一番ネックになるのは、英語の問題でしょう。多くの求人では英語が出てきますし、マレーシアの人材紹介会社に登録する時にも、あなたの英語力がチェックされたりすることがあります。そもそも英語力が一定程度あることが前提になっているマレーシア求人。

多くの日本人にとって、英語はまだまだ苦手な分野でもあります。ということは、マレーシアで働くことはできないんでしょうか。そんなことはありませんよ。

これまでコールセンターに100名以上の日本人をご紹介してきました。その経験からマレーシアでの英語不要のコールセンター求人について説明します。

マレーシアのコールセンター求人、英語不要な求人

コールセンター

マレーシアのコールセンターでは、例えば日本にあるEコマースの会社にコールセンターのサービスを提供しています。こういった会社では、電話を掛けてくるお客さんはほぼ100%日本人ですので、日本語のみで業務も遂行することができます。採用条件も日本語のみでOKいうことになりますので安心してくださいね。

具体的な求人情報は以下をチェックしてください。

マレーシアのコールセンター求人、英語が必要なわけ

とはいえ、英語ができたほうが良いのは事実です。理由は以下の可能性があるからです。

研修は英語

1つの大きな理由は研修が英語で行われるというものです。例えば会社は日本語のみの資料やシステムを用意していない場合が結構あるのですが、英語ができないと研修を受けることができませんからスピーキングはもちろんですがそれよりも読解力や英語メール入力するといったスキルが重要視されます。

上司は日本人じゃない

もう1つのパターンは上司や同僚が日本語がわからない場合がかなり多いということです。例えば、上司がマレーシア人やインド人であったりすることがあります。この場合、当たり前ですが、報告は英語でなされる形になります。文書を英語で出すだけではなく、上司とは当然口頭でコミュニケーションをとる必要も出てくるでしょう。昇進を目指すのであればなおのこと英語のコミュニケーションは欠かせないと言えるでしょう。こういった場合には、英語が必要になります。

そもそも英語が必要とされる求人と不要の求人を見てみた場合、おおむね月2,000リンギット程度の違いであることが多いです。これは5万円程度に相当しますから、結構大きなインパクトがあるでしょう。

加えて昇進やキャリアパス、品質管理の仕事やマネージャー職に挑戦しようとする場合は必ず英語が必要になります。英語はできた方が良いことに変わりがありません。TOEICで言えば日常会話程度(500〜600)であればできると言ってもいいと思います。ただ、実際には会話を英語でこなしていく能力は、なかなか日本では学びづらいところでもありますので、まずはマレーシアで働きながら生活の中で英語の会話力を磨いていくというのはひとつの方法かと思います。

英語不要の求人の最新情報についての問い合わせや、自分の英語力を不安に思った場合は、LINEからご相談ください。専門担当者が丁寧にご相談にのらせていただきます。