マレーシアのコールセンターの契約期間とは

マレーシアのコールセンターの契約期間とは

マレーシアのコールセンターの契約期間ってどのくらいなの?

初めての海外、初めてのコールセンターで契約期間に他に考えておくことってあるのかな?

こういった疑問に答えます。

ソトシゴトに最近寄せられる質問の一つに、マレーシアのコールセンターで働く場合の契約期間の問題があります。

日本でもコールセンターに派遣や契約社員として働く人が多いので、マレーシアのコールセンターについて契約期間はどうなっているのか知りたいといった背景のようです。

これまで、200名以上の日本人の海外就職支援をしてきました。雇用契約での契約期間については日本とは違う慣習も多くあるので、記事にしてみたいと思います。

マレーシアのコールセンターの雇用契約期間

マレーシアのコールセンターの雇用契約期間

マレーシア政府が発給する就労ビザの有効期限が2年のケースが多いため、雇用契約書にも2年となっているケースが多いです(1年更新のケースもあります)。また、就労ビザの更新を前提に、社員と会社の双方合意で原則更新されるという会社が多いです。

マレーシアでは正社員と契約社員という雇用契約の差があいまい

マレーシアの企業の求人票を見ると「2年更新の正社員採用」という「これって(日本の感覚だと)契約社員では?」と思うような表現がされていることがあります。

日本の場合、正社員なら「実質解雇ができない」ので、働かない正社員には有利な既得権もあり、正社員と契約社員の違いも明確です。

一方、マレーシアを含む日本以外の多くの国では、(社員が)辞めたい場合は1ヶ月前までに通知、(会社が)辞めさせたい場合は1ヶ月前までに通知といった事前通知の内容が雇用契約書に明記されているので、退職も解雇も柔軟に行えます。

ちなみに、日本では福利厚生も正社員と契約社員では違うケースもあります。ただ、マレーシアの場合、休暇や保険なども双方とも支給されます。

「正社員」と「契約社員」の差がほとんどないのが実態です。

エンプロイメントボンド

エンプロイメントボンド

どれだけ安定的に働けるかという「雇用契約期間」とは異なる話ですが、マレーシアや海外での雇用契約書では「エンプロイメントボンド」というものが明記されているケースがあります。これは、研修期間中や短期で辞めた人に、その人の研修などにかかった費用を全額・一部返済してもらうという条項になります。たまに「すぐに辞めたらペナルティーとかありますか?」と聞かれることがありますが、この「エンプロイメントボンド」をペナルティーと呼んでいるのでしょうね。

エンプロイメントボンドの期間と金額は企業によって違いますが、エンプロイメントボンドがある場合、3ヶ月〜1年程度の会社が多く、2年という会社もあると聞いたことがあります。金額は月給1ヶ月前後の会社が多いようです。どこまで厳密に運用されているかは企業によります。

内定後に送られる雇用契約書や附則で契約期間やエンプロイメントボンドもある場合は明示されますので、署名する前に確認しましょう。

エンプロイメントボンドはどれだけ早く(お金を払わずに)辞められるかの話ですので、内定後にはあまり考えたくない話かもしれませんが、仕事内容が自分に合うのか、マレーシアという異国での生活そのものがストレスになる可能性はないのかも考えて、最終的に雇用契約書にサインするか否かを判断しましょう。

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録
LINEで送る
Pocket