海外就職で書類選考に通りやすくなる英文履歴書のポイント

海外就職で書類選考に通りやすくなる英文履歴書のポイント

英文履歴書の書き方がわからない…

どうやって英文履歴書を書けば、内定がとれるの?

英文履歴書に書いた方が良いこと。あまり気にしなくて良いことって何?

こういった疑問に答えます。

マレーシアなどの海外のカスタマーサポート求人の情報を取り扱っているソトシゴトには毎日多くの問い合わせが寄せられます。

個別の求人やブログ記事に関するご質問が多いのですが、

そもそも英文履歴書の書き方が分からないという声を聞きます。ソトシゴトに掲載中のマレーシアのコールセンター求人のうち、現在では2つの求人を除いて、全ての会社では選考には英文履歴書が必要という状況になっています。

これは日本語のみで選考可・働ける仕事であっても、選考には英文履歴書が必要ということ。英文履歴書は避けては通れない状況になっています。

仮に海外就職が成功しても多くの人はその後も就職先の国で転職をしたり、日本に戻って外資系企業を受けたりします。英文履歴書は一度つくってしまえば、内容を足して行けばよいので、結構便利です。良い機会ですので、つくってしまいましょう。

これまで今の仕事と前職の海外就職の求人メディア・人材紹介会社で200名以上のアジア就職を支援してきました。毎月50名以上と面談をしていますので、かなりの方の英文履歴書を見てきていると思います。

今回は英文履歴書の書き方のポイントをご説明したいと思います。

英文履歴書に書くべきポイント

英文履歴書に書くべきポイント

とりあえず英文CV送ってください

(CVとはラテン語でCurriculum Vitaeの頭文字で、意味としては履歴書です)

これは私も含めて、海外就職で多くの人材紹介会社に登録・相談したり、企業を受けようと思ったときに言われることでしょう。

「英文履歴書の書き方がわからない…」

英文CVは和文履歴書に比べて、その体裁は自由度が高く、書くことができます

書き方も職歴を時系列に書く書き方(クロノロジカル)と呼ばれるものや自分の得意スキルを書く書き方(ファンクショナル)などもあります。

もちろん、自分がそのポジションに最も適した人材であると証明するような履歴書になっていれば、それはとても良いでしょう。管理職など採用人数が少ないポジションではそういった英文履歴書は他の候補者との比較材料として価値を持ちます。

なので、複雑に思えてしまって、「英文履歴書の書き方がわからない」と思えてしまうのではないでしょうか。

ただ、マレーシアのカスタマーサポート就職など海外就職で人事担当者の人がまず見ている点というのは主に以下です。

・学歴
・社会人経験の年数と内容

ビザ取得要件を満たせそうかというのがポイントになります。

マレーシアの場合、大卒であれば、社会人経験がなくても就労ビザ発行が大丈夫なBPO企業が多いです。

短大・専門卒の方であれば3〜5年前後の社会人経験が必要ということで、就労ビザが取れそうか人事の人は見ます。

高卒の方であれば5〜8年前後の社会人経験が必要ということで、就労ビザが取れそうか人事の人は見ます。

学歴については、有名校出身かどうかということではなく、最終学歴(学位)をビザのために見ているという方が正しいでしょう。

社会人経験の定義も企業によって、

・フルタイムだけではなく、パートタイムも内容によって一部含めることができる

・類似業務でない場合はカウントしない

など微妙に違いがあります。この点は直接応募して合否を見ても良いでしょうし、できる限り準備をしたい場合、ソトシゴトや海外就職に強い人材紹介会社に聞いてみれば良いと思います。

最近はカスタマーサポートの経験、営業経験など関連業務経験が必須の求人も増えています。この場合はもちろん人事担当者が英文履歴書をぱっとみて、経験者であることがわかるように書きましょう。

英文履歴書に「書いた方が良いこと」「あまり気にしなくて良いこと」

英文履歴書に「書いた方が良いこと」「あまり気にしなくて良いこと」

英文履歴書に書いた方が良いこと

企業の採用担当者が就労ビザが取れそうで、面接の案内をしたくなる英文履歴書を作成するためには以下の項目は最低限書きましょう。

・氏名と連絡先情報
・学歴
・職歴(新しいものから記載しましょう)
・語学力やアピールできるスキル
・リファレンス(あれば)

職歴も、関連している仕事は仕事内容を詳細に記載しましょう。その他のものは、簡単に書けば十分です。英語は誤字もなく、完璧なものが望ましいですが(WordやGoogleドキュメントにはスペルチェックがありますので使いましょう)、「就労ビザは問題ないですよ」「関連している仕事の経験ありますよ」という事実を伝えられることが大事です。

英文履歴書の例

1.連絡先

  • 名前は名+姓の順で書きましょう。大文字で。大きめのフォントサイズ(14PT程度)で。
  • 住所は日本とは逆に番地→市町村名→都道府県名→Japan(日本)、郵便番号を書きます。
  • 電話番号を書きます。マレーシアや海外で広く使われるチャット・音声会話ツールWhatsAppの登録番号になっているならば、登録可能である旨(WhatsApp Available)と書きましょう。面接はSkypeを使うこともありますので、IDがあるなら書きましょう。
  • メールアドレスも忘れずに。Gmailなどフリーメールでも大丈夫です。

WhatsAppについては以下の記事を参照ください。

2.EDUCATIONAL BACKGROUND (学歴)

  • 最終学歴を一番上にもってきます。学校名の横には()で都道府県名と国名を記載します。
  • 大学・短大・専門学校について記載する場合、学校名、学部名の英文名称は卒業している学校のホームページなどで調べましょう。学位の英文名も卒業校で決まっています。例えばB.A.in Sociologyであれば社会学を専攻して、文学士を得たという意味です。

3. WORKING EXPERIENCE (職歴)

  • こちらも新しい職歴(現職)から書いていきます。
  • 勤務期間、社名、タイトル、仕事内容を書いていきます。
  • 仕事内容は現職は現在形の動詞、以前の仕事は過去形の動詞で書いていきます。
  • 応募している仕事内容との関連性をアピールできるものは沢山書きましょう。

4. ADDITIONAL INFORMATION(その他)

ここは自由にかけることを書けば良いと思いますが、一般的には自己アピールの場所として使います。

(1)Achievement

表彰された、ボランティア経験などを記載します

(2)Language

英語やその他言語で書けることがあれば書きます。TOEIC、IELTS、英検(EIKEN)など客観的な証明があればベター。なければ、自己評価で書きましょう。

(3)Expertise

資格があれば書きましょう。ポジションと関係してなくてもIT、会計、デザインなど何でも書きます。

(4)Reference

あなたを推薦してくれる現職・前職の人になります。あなたの仕事ぶりを知っている人に事前承諾を得た上で連絡先を記載します。が、すぐに連絡して良い人がいない場合は、References available upon request.(必要に応じて対応します)と一文のみ書きます。

英文履歴書に書かなくても良いと思うこと

履歴書に書くOBJECTIVE

英文履歴書は連絡先の後に”OBJECTIVE(目的)“を書くことがあります。

Objectiveにはこの英文履歴書を通じて得たいこと(=自分のキャリアをいかし、オファーを獲得したい旨)を書きます。

ただ、これがなくても内定が出ている例はたくさん見ます。

カバーレター

カバーレターは添え状のようなものです。自分の熱意や志望動機、連絡先を書いて、実際の英文履歴書を読んでもらうためのものです。

ただ実際には、カバーレターなしで英文履歴書のみで選考が進むケースも多いです。応募にソトシゴトや人材紹介会社を使う場合、彼らが独自で候補者の推薦をするので、面接する側には候補者への理解が深まりやすい点はあるでしょう。

なお、実際にオファーが出た後に、改めて最新CVや企業のフォーマットによる履歴書の再提出が必要な会社もあります。

英文履歴書の作成が面倒である点は理解できますが、あくまで面接にたどり着いて、その面接時の会話の材料になるのが英文履歴書です。英文履歴書の作成に時間がかかり、ようやくできたときには応募が締め切られているような事態は避けたいもの。あなたの学歴・職歴などの事実をさっくりと書いて、応募してしまいましょう。

英文履歴書は書き方指導がビジネスになるほど深いものですが、突き詰めていくと、完成までとても長い時間がかかります。海外就職成功という目的を考えて最短距離で進めていきましょう。この記事が少しでもそのヒントになれば幸いです。

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録

ソトシゴトの海外・リモート求人情報!

マレーシアのクアラルンプールで英語不問の求人です。初めての海外就職の機会にもなるBPO企業でのカスタマーサポート業務です。

日本で人気のフードデリバリーサービスのカスタマーサポートに日本語・英語で挑戦しませんか?マレーシア・クアラルンプール近郊の求人です。

フィリピンの求人です。オンラインゲーミングのマーケティング職になります。

人気のフードデリバリーサービスのカスタマーサポートのオペレーションマネージャーとして全体を統括していただきます。

BPO企業でのデジタル広告セールスポジション。大手ソーシャルメディアの広告商品をセールスします。

業務内容は アフィリエイトパートナーの新規開拓 既存のアフィリエイトキャンペーンをモニターし、それらがコンプライアンス違反してないかのチ…

採用企業はオンラインゲーミングのカスタマーサポートを提供する会社です。業務内容はアフィリエイトパートナーの新規開拓などです。

主な業務内容は オンラインゲーミングの日本市場でのアフィリエイトネットワークを増やしパフォーマンスを伸ばす コンテンツチームと共にキャン…

勤務地は香港です。 以下の中から2つ以上の技術をお持ちの方: スロットゲームのキャラクター作成 漫画スタイルでのイラストレーション制作 3Dアニ…

勤務地は香港です。 仕事内容はAdobe photoshopとIllustlatorを使ってのウェブサイトや広告SNSなど、オンライン用のグラフィックデザインの作成。 2年以上…

Full Time
香港
2か月 に掲載

勤務地は香港となります。 オンラインゲーミング会社で、新入社員の研修、またカスタマーサポートの品質向上のために働きかける。(2年以上のカ…

オンラインゲーミングのウェブコンテンツの作成や、手続きのマニュアルやニュースレターを書いたりしていただきます。

勤務地は香港になります。オンラインゲーミングのカスタマサポート企業が業績拡大にともない、日本語スピーカーを複数名募集です。

募集背景 採用企業はマレーシアの大手カスタマーサポート企業(BPO)です。マレーシア・クアラルンプール中心部にオフィスを構えます。 ご担当頂…

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア