あなたがマレーシアのコールセンターを落ちた理由

マレーシアのコールセンター落ちた理由

マレーシアのコールセンターで落ちた理由ってどのようなものがあるのだろう

マレーシアのコールセンターで落ちた人ってどの程度いるのだろう

こういった疑問に答えます。

約3年間、海外就職専門の人材紹介会社で働いていた経験から100名以上の求職者の人たちにマレーシアのコールセンターでのお仕事をご紹介してきました。

この経験から、マレーシアのコールセンターを落ちてしまう人のパターンを見てきました。マレーシアのコールセンターを落ちてしまう理由について解説します。

マレーシアのコールセンターを落ちてしまう理由(1)―瞬発的に回答ができない

語学不問ポジションの場合、落ちてしまう理由として多いものは「瞬発的に回答ができないこと」や「機転が利かないこと」です。

コールセンターで慢性的に人手不足なのは電話対応のオペレーターです。電話で問い合わせをしてくるお客様は、何かしら急いで対応してほしい、クレームなど言いたいことがあって電話をかけてくることになるので、瞬発的に対応したり、機転を利かせて対応することが必要になります。なので、言われたことにすぐ反応できたりホスピタリティーを聞かせて回答できるような人を求めているのです。

コールセンターの場合、面接の中でロールプレイを行うことがあります。これは、面接官がお客さんの役割を演じ、あなたが実際にオペレーターとなって対応する形になります。長時間黙ってしまったりまごつく場合は落ちてしまうことが多いようです。質問に自信がないような対応をするのもNGです。問い合わせをしてきたお客さんはあなたに助けを求めているケースも多いのですから。

もしすぐに答えが浮かばなくても、「少々お待ちください」などと対応することで、お客さんのイライラを軽減できるタイプであれば、問題ないと思います。

マレーシアのコールセンターを落ちてしまう理由(2)―言葉遣いに問題がある

日本人や日本語ネイティブをわざわざマレーシアで雇うということは、日本人ならではの言葉遣い、特に敬語などが問題なく使えるということが重要視されています。言葉遣いに問題がある場合はカスタマーサポート職に適していないと判断され、落ちてしまうことがあります。

マレーシアのコールセンターを落ちてしまう理由(3)―志望動機や成長意欲があまりに無い

社員採用や採用後の研修は凄くお金がかかります。

なので、志望動機、特になぜマレーシアで働きたいのかといった基本的な質問や成長の意思を感じられない場合は、すぐ辞めてしまうのではないかという疑念を持たれます。

雇う側のコールセンター側としても金銭的なロスになるので、こういった人は採用されない傾向があります。まあ、マレーシア以外の日本の普通の企業の面接でもこういった人が落ちてしまうことは否めないと思います。

マレーシアのコールセンターを落ちてしまう理由(4)―英語力が低いと判断される

例えば、リーダーといった管理職ポジションやQAと呼ばれる品質保証の職種では、上司や同僚が外国人であることが多いため、報告が英語になることがあります。

この場合、どうしても英語力を求められることが多いので、英語での面接や英語のアセスメント結果いかんでは落ちてしまうことがあります。語学不問のポジションでは関係ない話です。

マレーシアのコールセンター落ちた理由はおそらく日本と一緒

マレーシアのコールセンター落ちた理由はおそらく日本と一緒

基本的には、日本で面接受ける時と一緒ですね。なぜマレーシアで働きたいかといった基本的な志望動機、機転を効かせて、すぐに回答できなそうなら、ちょっとお待ちくださいといった形で対応する。敬語などビジネスマナーは学んでおく。

語学不問のポジションでは、一般的な準備をしておけば良いでしょう。そうすれば合格にグッと近づけますよ

マレーシアのコールセンターの面接対策は以下の記事も参考にしてみてください。

もしマレーシアのコールセンターの面接が不安、など質問があったら、ソトシゴトの公式LINEからお問い合わせくださいね。

ちなみに、書類審査で落ちてしまう人もいますが、こういった方はビザ発給ができない可能性で落ちるケースが多いです。具体的には、若すぎるなどです。どうにもならないので、気にしないで良いでしょう。

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録