【海外就職の基本】その国を好きになる〜インド編

【海外就職の基本】その国を好きになる〜インド編

大国インド。

人口では中国を越え、世界一の人口を占めることが確実。英語が公用語であり、アメリカ・イギリス・シンガポールなどの先進国・旧宗主国に人材を送り続けます。昨今ではマイクロソフトでインド人がCEOになるなど、インドが注目を集めます。極めて高いポテンシャルを持つインドは日本人にとってはまさに異文化。

インドに進出できる資本力を持つ企業は大企業に限られるため、いまだに日系企業の進出の中心は大手企業。一方、インドで現地採用で働きたい人の数は決して大きくない。こういった状況から、インドネシア同様、インドでの現地採用は日系大手を中心に決まりやすい傾向が続いています

海外就職の前にインドの概要を知ろう!

海外就職の前にインドの概要を知ろう!
首都デリーのオールドデリー

基本情報

正式国名 インド共和国

インドの国旗
インドの国旗

面積 328万7,000平方キロメートル(日本の約9倍)

人口 13億3,000万人 2030年までに中国を抜き、人口で世界最大の国家になる見込み(国連など)

インド・アーリヤ族、ドラビダ族、モンゴロイド族など

首都 ニューデリー

首相 ナレンドラ・モディ

インド 首相 ナレンドラ・モディ出典:Prime Minister's Office, Government of India on Wikimedia
インド 首相 ナレンドラ・モディ出典:Prime Minister’s Office, Government of India on Wikimedia

主要都市 ニューデリー、ムンバイ、バンガロール 
日系企業はデリー近郊のグルガオンに多くあります。

通貨 ルピー(INR) 1ルピー=約1.45円(2020年6月現在)

言語 公用語ヒンディー語、準公用語英語

日本との時差 -3.5時間

日本人と日系企業

在住邦人数 9,197人(2017年10月)前年比+0.5%

進出日系企業数 4,805社(2017年10月)前年比+4.7%

経済情報

GDP成長率 6.6%(2017年)

1人あたり名目GDP 1,940ドル(2017年)

主要産業 農業、工業、鉱業、IT産業

有力企業 Reliance Industries(コングロマリット)、HDFC Bank、Oil & Natural Gas

Reliance Industriesはインドは最大の財閥。石油精製が中核
Reliance Industriesはインドは最大の財閥。石油精製が中核
出典:sushanta mohanta sin… on Wikipedia

生活

祝日(2020年) *ニューデリー

1月26日(日)共和国記念日
2月21日(金)シバ神生誕日
3月10日(火)水掛け祭
4月6日(月)ジャイナ教マハビラ生誕日
4月10日(金)聖金曜日
5月7日(木)釈迦生誕日
5月25日(月)イスラム教断食明け祭
8月1日(土)イスラム教犠牲祭
8月12日(水)クリシュナ神生誕日
8月15日(土)独立記念日
8月30日(日)イスラム教新年
10月2日(金)マハトマ・ガンジー生誕日
10月25日(日)ヒンズー教ダシェラ祭
10月30日(金)イスラム教モハメッド生誕日
11月16日(月)ディワリ
11月30日(月)シーク教ナナック生誕日
12月25日(金)クリスマス

平均気温 一年中暑い。14度〜33度

タクシー Uber、Ola(地場系のカーシェアリングサービス)が浸透している。

コンセント 電圧220V。B・B3・BF・Cタイプでばらばら  

コンセント 電圧220V。B・B3・BF・Cタイプでばらばら
コンセント 電圧220V。B・B3・BF・Cタイプでばらばら
コンセント 電圧220V。B・B3・BF・Cタイプでばらばら
コンセント 電圧220V。B・B3・BF・Cタイプでばらばら

国際電話番号 +91

SIMカード 自由に買える。身分証明書の提示は必要。主な通信会社はairtelなど。 主要空港にはSIMカードが買える小さなショップがある

インドで日本人が求人を探すコツとは

インドで日本人が求人を探すコツとは
デリーの地下鉄。ものすごいスピードで都市化が進む(出典: Ankur on Wikimedia

インドでの就職活動は海外就職の中ではひそかな人気を集めています。良く言われる理由のひとつは日本では入れなそうな大企業に入社できるというものです。

高成長が続く「有望成長市場・インド」。一方、広大なインドには、人件費も高く、駐在員にはハードシップ手当を出す必要がある企業が多いなど、とにかく高コストです。そのため、進出して、現地採用を行っている企業の多くは今でも大企業です。

なので、有名な大企業の現地採用であれば、インドは狙い目と言われます。

インドで日本人が海外就職目指すなら、日系企業を中心に様々な選択肢

インドで日本人が海外就職目指すなら、日系企業を中心に様々な選択肢
南部の商都ムンバイ(出典: Aam422 on Wikimedia

インドで海外就職してみたい場合、どうやって仕事を探せば良いでしょうか。

インドにある外資系企業で働く

インドの場合、外資系企業での就職機会というのは意外とあります。例えば、インドの地場会計事務所や欧米系の監査法人では日系企業向けの営業チーム(ジャパンデスク、と呼ばれたりします)に日本人を募集することがあります。インドの場合、地場企業の日本人向けの給与は安い傾向があります。

インドにもコールセンターやカスタマーサポートを企業向けに提供するBPO企業は多くあります。しかし、インド勤務を望む人は多いわけではないため、マレーシアの様に、各国から人を集めて大型のBPO企業を運営するというところまでは至っていません。

一方、マレーシアのBPO企業のオーナーには、インド人やインド系の人が多いと言われます。

インドの日系企業で働く場合

多くの人にとって身近なのは、インドにある日系企業で働くことでしょう。 日系企業の進出は増えています。大企業の進出は引き続き活発です。日系企業に営業する人材としてはやはり日本人がベストと考える人は多いです。インドの日系企業の日本人意思決定者に食い込むためには日本人の営業職というのは期待されています。

また、昨今の日本の人手不足を受け、インドに来たい人の数は増えていないのが現状です。なので、営業職以外にもマーケティング、総務、技術系など広い職種があります。求職者優位の状況といって良いでしょう。

また、日系企業は大手企業のインド法人が多いため、履歴書に有名企業(の現地法人)の名前を書くことに意味がある場合、良い機会になります。

昨今はインド市場に積極的に挑戦するスタートアップなどもあります。慎重に検討してやってみたければ入ってみるのも悪くないと思います。

インド人社員とのコミュニケーションは英語になります。そのため、英語を使える環境ではあります。くせがあると言われるインド英語ですが、少なくとも日本人より上手いのは間違いないので、勉強になるでしょう。一方、インドにいる日本人の数は少ないため、狭い日本人コミュニティが広がっています。仕事の付き合いも相まって、飲み会などお付き合いが増えるでしょう。

やっぱりインドで海外就職に挑戦したい?

やっぱりインドで海外就職に挑戦したい?
他民族で独自の文化が広がるインド。ハマる人が多いのも納得だ(出典:Pakshya on Wikimedia

インドの海外就職というのは可能性があります。 食も含む文化が異なる、衛生面での不安など行きたい日本人は限定的です。駐在でも行きたがらない人が多いのがインドです。

一方、経済成長が続き、アジアの超大国になることが確実視されています。インドで働いた経験は日本での転職時に評価されるかもしれませんし、インドで培った人脈は日本に帰っても生きるでしょう。

給与はそこまで高くないため、生活上の問題はあるかもしれませんので、日本でキャリアアップを図るか、本社採用に切り替えてもらうか、インドで何かビジネスをするかなど考えていく必要がありますね。

インドが好きで暮らしていきたいというモチベーションが海外就職する上では何より大事になるでしょう。

アジア就職でおすすめしたい人材紹介会社はJACリクルートメントです。

海外にいるとわかりますが、JACから紹介される求人って条件が良い案件非公開案件が多い気がします。海外11カ国進出しているのもあるでしょうが、海外進出の歴史も1987年からと古く、海外にある日系企業と深い関係を築けています。日本だと「30代後半以降の管理職向け求人に強み」といったイメージが強いJACですが、海外ではもっと若い人も歓迎されますよ。

インドを海外就職の舞台として選びたい?インドで働くためのビザ要件

インドを海外就職の舞台として選びたい?インドで働くためのビザ要件

外国で働くためには、ビザが必要です。ビザは働きたい国が発給します。多くの国では学歴要件やどの職種で何年の経験があるかの専門性が問われます。

インドのビザ要件は、比較的ゆるいと言えます。

学歴特になし(ただし専門性があること)
就労年数3年以上が望ましいが、新卒でも可能
年齢特になし
最低給与USD25,000以上/年

最低給与が定められていますが、その他の要件は厳しくないです。

海外就職先としてのインドとマレーシアの比較

海外就職先としてインドとマレーシアとの比較
こちらはマレーシア・クアラルンプールの写真です

インドはポスト中国としての、超大国になる可能性があり、今のうちに、人脈やインド人とのビジネスを経験することに賭けたい人にはおすすめです。食事、病院など合わない人には合わず、駐在員でも帰国してしまう人がいるような土地柄でもあります。

一方、マレーシアはインドに比べると、暮らしやすいでしょう。また、多民族国家で文化に多様性を感じられるのはインドとは違います。マレーシアにもインド系の人は多く住んでいますよ。

ソトシゴトはマレーシアのコールセンターやカスタマーサポートのお仕事を中心に記事を執筆していますが、海外就職でどこで働くかに悩んでいる場合など、気軽に公式LINEからご相談くださいね。

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録
LINEで送る
Pocket

1件のコメント

コメントはできません。