fbpx

【2021年10月申請受付再開】MM2H申請条件の大きな変更点が明らかに

MM2Hルールが変わる

マレーシアに外国人が長期滞在できるMM2H(Malaysia My Second Home)パスは2020年8月より新規申請の受付を停止していました。現在、中国、日本、英国、バングラデシュ、韓国、シンガポール、米国、オーストラリア、台湾、インドネシアなどの国から1,000件を超える申請が保留されています。

これまでもマレーシアにおけるMM2Hプログラムは経済貢献度が高く、パス(ビザ)料金、不動産購入、自家用車購入、固定預金、滞在者の毎月の家計支出を通じて、2002年から2019年までの累積総付加価値収入RM118.9億に達していました。

MM2Hの管轄は2020年6月まではプトラジャヤ(Putrajaya)の観光芸術文化省(MOTAC=Ministry of Culture, Arts and Tourism)でしたが、延長、更新手続きなどは7月以降はプトラジャヤにある入国管理局本部(Immigration Department of Malaysia)の扱いとなっていました。
そして2021年8月11日に「7月の内閣決議によりMM2Hの新規申請が10月から再開」されることが発表されました。

MM2Hアプローバルレター承認レター

2021年のMM2H申請要件について

2021年7月に改正されたMM2Hパスの申請条件で今までと最も異なるのが、申請に必要とされる経済的条件です。以下、表にまとめましたが、例えば、月収(マレーシア国外で得る必要がある、いわゆるオフショア収入)ですが、日本円で25万円から100万円と4倍近く引き上げられました

MM2Hビザ申請条件の主な変更について

オフショア収入(Offshore Income) 10000リンギット(約25万円)
40000リンギット(約100万円)
定期預金(Fixed Deposit) 50歳以上15万リンギット(約375万円)
50歳以下30万リンギット(約750万円)→100万リンギット(約2611万円)
流動資産証明(Liquid Assets)
※現金、またはすぐに現金化できる資産
50歳以上35万リンギット(約900万円)
50歳以下50万リンギット(約1280万円)
→150万リンギット(約3910万円)
年間パス料金 90リンギット(約2250円)
→500リンギット(約12500円)
パスの有効期限 10年→5年(5年ごとの延長可)

申請者の年齢による分類と条件の相違

申請者の年齢は以下の2つに分けられています。

①「35歳以上49歳以下」
②「50歳以上」

①の申請者は「配偶者及び子供、親、義理の親である被扶養者1人につき50000リンギット(約125万円)を定期預金額に加算。不動産取得、医療、教育目的であれば最大50パーセントの引き出しが可能」、「申請者本人又は配偶者のマレーシア在住日数が年間合計90日以上」の2つの条件が加わります。

なお今回の発表では「35歳から49歳のカテゴリーは、収入面でより安定していてキャリアを持っている申請者向けに導入されました」とのコメントがありました。

MM2Hに新しく導入される費用と変更点

今回新たに申請にかかる費用となったのが5000リンギット(約12万5000円)「手続き処理料金」です。これは申請がオンライン化され、サービスの質向上のための費用を主申請者が各自負担することとなります。各扶養家族には1人につき2500リンギット(約6万2500円)が請求されることとなりました。

以前は主申請者のみに提出義務があった「申請に添えるレター(a Letter of Good Conduct )」を、同時に申請する各扶養家族全員に求められることとなりました。
なお、MM2Hパスの取得は今後マレーシア国民の人口の1%までの人数に制限されます。

MM2H申請者のコントロールについては、内務省は、マレーシア入国管理局及びマレーシア国家警察を通じ、定期的に監視・取締りを行います。さらに申請資格として「犯罪履歴のない者に限定」と明記されています。パス取得にあたりセキュリティ強化されため、犯罪履歴がある場合は申請できません。申請時に申請者全員の「無犯罪証明書」(日本の最寄り警察で取得)が必要となります。

MM2Hパスの新しい要件は新規申請、今後失効する既存パスの延長申請に対しても適用されることになります。要するに従来のパス所有者の延長申請も同様の手続きが必要となります。
また、今後新たにパスの延長を申請する者については準備期間として1年間の猶予期間が与えられます。

補足となりますがMM2Hビザで就労はほぼ不可となっています。
※正確には申請し認められれば可能なのですが、高度なスキルが要求されるため実際はほぼないのが現状です。

以前のMM2Hの条件は以下から読むこともできます。

通学や就労が不要なマレーシア移住はMM2Hビザでできます

2021年8月現在、マレーシアの新型コロナ肺炎感染状況に基づき、MM2Hプログラムの実施及び申請者の入国については、国家安全保障会議(NSC)、保健省が定める標準運用手順(SOP)を厳守する必要があります。

ソトシゴトの公式LINEはこちらから

マレーシアの最新カスタマーサポート求人は以下からチェックしてください!

採用企業はマレーシアにある欧州系の大手カスタマーサポート企業です。マレーシア・クアラルンプール中心部にオフィスを構えます。

もっと読む

募集背景 日本でも大人気のフードデリバリーサービスの日本市場向けのカスタマーサポートとして、 宅配サービスのご利用者・飲食店・宅配スタッ...

もっと読む

人気のコンテンツストリーミングサービスのカスタマーサポート業務に従事いただきます。

もっと読む

募集背景 フードデリバリーサービスにおけるカスタマーサポート担当として お客様、配送員、レストランからの問い合わせ対応及びサポートを担当...

もっと読む

マレーシア クアラルンプールBPO企業のカスタマサポートの求人です。英語不問の求人です。

もっと読む

マレーシアのペナンで人気ソーシャルメディアの広告に関する問い合わせ窓口をご担当いただくポジションがオープンです。

もっと読む

大手BPO企業が人気ソーシャルメディアのチャットサポート業務をご担当頂ける人材を募集です。

もっと読む

マレーシアのペナンでゲームに関するコンテンツレビュアーのボジションがオープンです。

もっと読む

募集背景 採用企業はマレーシアの大手カスタマーサポート企業です。マレーシア・クアラルンプール中心部にオフィスを構えます。 ご担当頂くプロ...

もっと読む

航空関係の新プロジェクトで4名の日本語ネイティブスピーカーの方を募集します。10月および11月から入社日を設けて、勤務開始予定です。

もっと読む

Our client is a renowned customer support provider(BPO) company in Malaysia. They provide the service worldwide. Now they are looking for technical su...

もっと読む

募集背景 採用企業はマレーシアの大手カスタマーサポート企業です。マレーシア・クアラルンプール中心部にオフィスを構えます。 ご担当頂くプロ...

もっと読む

募集背景 採用企業はマレーシアの大手カスタマーサポート企業です。マレーシア・クアラルンプール中心部にオフィスを構えます。 ご担当頂くプロ...

もっと読む

日本でも大人気のフードデリバリーサービスの日本市場向けのカスタマーサポートです。クライアントは、58言語、世界150以上の拠点から、一貫した...

もっと読む

大手Eコマースのプロジェクトで日本語のみでご応募可能なプロジェクトです。日本語のみでのご応募が可能です。

もっと読む

LINEで送る
Pocket