お酒にコピーも!マレーシアのおすすめコンビニ

マレーシアコンビニ事情

マレーシアに移住するにあたり、気になることの一つといえば現地のコンビニ事情という人もいるかもしれません。

日本のコンビニでは雑誌や本、さまざまな生活用品、消耗品からドリンク類、キャッシャー近くのホットスナック類、宅配便の荷受けや受け取り、各種チケットの発券、公共料金の払込などなど……ほぼ生活に必要な全てをカバーしていると言っても過言ではありません。

ちょっとした時に何かと便利だった日本のコンビニと比べ、マレーシアのコンビニはどんな感じなのか、どの程度使えるのか気になりますね。

そこで今回はマレーシアのコンビニ事情やおすすめコンビニについて紹介します。

マレーシアのコンビニエンスストアのタイプ

マレーシアのコンビニエンスストアのタイプ

マレーシアのコンビニは空港、ショッピングセンター、ショップロット(マレーシア風商店街)などで見かけることが多いですが、日本と異なり幹線道路沿いの路面店などはほぼありません。そして日系のコンビニ、外資系、ローカルと多民族国家らしくさまざまなタイプがあります。そして店舗形態も以下のように多岐にわたります。

ガソリンスタンド併設型……ガソリンスタンド内に独自型の店舗を持っている。あるいは同じ敷地内にセブンイレブンなどがテナントとなっているケース。

ニューススタンド派生型……元々は新聞や雑誌、たばこなどを扱っていたキオスクやニューススタンドが次第にコンビニ化したケース。

ミニスーパー型……ローカルエリアに多く、食料品、生活雑貨の割合が高めでどちらかというとスーパーに近いコンビニ。価格は一般的なコンビニより安い地域密着型。生鮮食品を扱っていることもある。

ショップロットにはさまざまな形態のコンビニが並んでいるので、その特徴を知り使い分けをすることで生活がぐっと便利になります。

マレーシアでおすすめのコンビニ

■セブンイレブン(7-Eleven)

マレーシアコンビニ事情

セブンイレブン(7-Eleven)は1927年アメリカ発祥。日本法人は1973年にローンチしました。マレーシアでは1984年にクアラルンプールのブキビッタンに1号店がオープンし、コンビニの代名詞的な存在となっています。

商品は店舗により若干の違いはありますが、お菓子、パン、ホットスナック、ドリンク類などはマレーシアのローカルに寄せた商品が揃っている印象です。

マレーシアコンビニおすすめ

オリジナルPB(プライベートブランド)として「セブンセレクト(7-Select)」を展開。商品数は多くはありませんが、ポテトチップス、輪ゴムなどメーカー品よりも安価で販売されています。手頃な価格のセブンブランドのサンドイッチなども人気商品です。

日本では限られた店舗のみで販売されている人気のフローズンドリンクのスラーピー(SLURPEE)。アメリカを始め各国でオリジナルフレーバーがありますが、もちろんマレーシア限定フレーバーも。こちらはセルフで容器に入れてレジで精算。

オフィス街などにある店舗には、日本風の「コンビニ飯」も販売していて、おにぎりは定番となっています。鮭、ツナマヨといったおなじみの定番から、マレーシアの国民食ともいえるナシレマなどローカライズされたものも。

現金やカードも利用できますが、日本と同様にスマホアプリで支払うことも多く、代表的なアプリの一つがタッチンゴー(Touch’n’Go)です。

以前こちらでもお伝えしましたが、公共交通機関を利用する際にも大変便利なカードです。アプリをダウンロードしておくとトップアップ(チャージ)も簡単です。

また電気料金(Tenaga Nasional )、上下水道料金(Air Selangor、Syabas)、電話料金(Umobile)、インターネット料金(TM)などの公共料金や請求書の支払いも可能です。

■ファミリーマート(Family Mart)

マレーシアコンビニ事情

ファミリーマートは2016年に1号店がオープンして以来、すでにマレーシア全土に200店舗を展開しています。他のコンビニやミニマート同様にローカルアイテムも扱っているのですが、”日本に寄せている”コンビニとして知られ、マレーシア人からも高い人気を誇っています。

マレーシアコンビニ事情

店内には日本から輸入されたファミマオリジナルのスナック菓子、ドリンク類、アイスのみならず、なんとファミマカフェ(Famima Cafe)も併設され店内飲食が可能な店舗もあります。頭上のメニューパネルには英語表記の下に日本語も表記されています。定番のソフトクリームやフラッペ、コーヒーなどに加え、季節限定商品なども見逃せません。

コンビニ飯も日本のお弁当、パスタ、サラダ、デザートなどローカライズをしつつも日本でもありそうな感じのアイテムが多数。ホットスナックコーナーではおなじみのファミチキだけではなくマレーシア人が大好きな魚介の練り物串も。さらに日系コンビニらしさを感じられる点として、おにぎりの種類がかなり多めなところです。

マレーシアコンビニ事情

ちょっと驚くのが日本では冬のみ販売されている「おでん」が一年中販売されていて、トムヤンクンなど東南アジアらしい味付けもあります。マレーシア人はおでん好きな人も多いようです。

公共料金、各種請求書の支払いなどももちろん可能で、他のコンビニ同様にスマホアプリのタッチンゴー(Touch’n’Go)でキャッシュレス決済で支払いもできます。

利用頻度が高い場合はさまざまな商品と交換できたりするポイントがたまったり、メンバー特典で商品が格安でゲットできるのでモバイルアプリをダウンロードすることをオススメします。

■マイニュースコム(myNEWS.com)

マレーシアコンビニ事情

マイニュースコムはマレーシア最大のニューススタンドチェーンで1997年にコンビニ事業に進出しました。そのため他のコンビニと比べて新聞、雑誌、週刊誌などを置く店舗が多いのが特徴。

さらに日本のコンビニにように宅配便を送ったり、届いたものを返送するサービスを扱っている所もあります。

マイニュースコムはローカル系のコンビニなのですが、2018年に”日本インスパイア”のコンセプトでマルカフェ(Maru Cafe)を展開。店内で抽出するコーヒーやアイスコーヒー、パンやサンドイッチの販売が始まりました。パンの製造元は日本のメーカーなので、メロンパン、クリームパンなど遜色ない味が楽しめます。

マレーシアのコンビニ

どの店舗も夜10時まで酒類の扱いはあります(2020年12月現在)が、2021年以降は法改正によりコンビニで販売ができなくなる可能性もあるようです。

日本のコンビニの充実ぶりは世界遺産級ですが、マレーシアのコンビニもとても充実していますよ。安心してマレーシアに来てください!

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録

ソトシゴトの海外・リモート求人情報!

マレーシアのフランス系BPO企業で日本語ネイティブレベルの方を募集しています。

もっと読む

インバウンドセールスの募集です。勤務地はマレーシア・クアラルンプール。日本語+英語が必要なポジションとなります。給与はベースで8,500から…

もっと読む

マレーシアのコールセンターでの求人情報です。大手Eコマースのプロジェクトで販売者向けのサポートを行っていただくプロジェクトです。日本語…

もっと読む

マレーシア・セランゴール(クアラルンプールの近郊)での勤務となります。プロジェクトはEC(通販)のプロジェクトです。日本語のみでOKのポジ…

もっと読む

香港でのオンラインゲーミングのカスタマーサポートの求人です。勤務地は香港になります。カスタマサポート企業が業績拡大にともない、ネイテ…

もっと読む

募集背景 マレーシアの米系エアラインプロジェクトで募集再開です。募集数が少ない(3名程度)ので、ご興味有る方はお問い合わせください。

もっと読む

募集背景 人気のマレーシア・クアラルンプールで働けるチャンスです。IT企業のプロジェクトにお入りいただき、インサイドセールスとしてご活躍…

もっと読む

募集背景 電子決済サービスのプロジェクトにて、日本語スピーカー(ネイティブレベル)を募集します。人気のマレーシア・KLセントラルでの勤務…

もっと読む

募集背景 新プロジェクト、旅行関係でBPO企業が採用を開始しました。マレーシアのビザ発給+入国許可までは日本勤務となります。

もっと読む

米系BPO企業にて、動画のコンテンツレビュアーを募集の求人です。マレーシアで急募のポジションとなります。米系BPO企業にて、動画のコンテンツ…

もっと読む

【急募・マレーシア在住者の方!】ヘルスケア関連のカスタマーサポート求人。米系BPO企業から急募の求人です。ヘルスケア商品のサポートプロジ…

もっと読む

今でも成長が続くベトナムの大都会であるホーチミンで金融関連のカスタマサポート職についていただける方を募集しています。貴重な語学不問の…

もっと読む

マレーシア クアラルンプールBPO企業のカスタマサポートの求人です。英語不問の求人です。

もっと読む

マレーシア・セランゴールでのITサポート求人です。ITサポートポジションを募集しています。1年以上のITサポートのご経験、日常会話レベルの英…

もっと読む

マレーシア(もしくは近郊)のカスタマサポート求人です。飲食デリバリーサービスの日本市場向けのユーザーや出店レストランへのサポート業務…

もっと読む

マレーシアコンビニ事情

慣れてくると日本と同様でドリンクやスナック、お弁当を購入するぐらいですが、マレーシアに来たばかりの頃は公共料金の支払いやプリペイド携帯のチャージ(トップアップ)をワンストップで済ませられるコンビニは非常に便利だと思います。

その他に総合風邪薬のパナドール(Panadol)のような薬などを売っている店舗もあるので24時間オープンしている店舗をチェックしておくと、いざという時にも心強いですね。

LINEで送る
Pocket