マレーシアのコールセンターで日本語のみで働ける求人のトレンド【2020年版】

マレーシアのコールセンターで日本語のみで働ける求人のトレンド【2020年】

マレーシアのコールセンターで日本語のみで働ける求人はあるのかな?

マレーシアのコールセンターで日本語のみで働ける求人の待遇ってどうなのかな?

こういった疑問に答えます。

マレーシアのコールセンターで働きたいという方からいただく問い合わせの一つに、マレーシアのコールセンター就職で本当に日本語だけで働ける求人ってありますか?というご質問が寄せられます。

AbemaTVでマレーシア移住がニューストピックになったり、ボンビーガールでマレーシア移住特集が組まれ、マレーシア移住時の勤務先としてコールセンターが特集されることも多いです。また、日本に限界を感じ、お子さんを海外でバイリンガル教育させたいという人もいて、コストが安く、世界の成長センターである東南アジアのハブ国歌の1つであるマレーシアに注目が集まっています。

これまでマレーシアやアジアのコールセンターに約200名ご紹介してきた経験からマレーシアのコールセンターに日本語のみの求人があるかをズバリお伝えします。

マレーシアのコールセンターには日本語のみの求人変わらずあります

マレーシアのコールセンターには日本語のみの求人変わらずあります

マレーシアのコールセンターには日本語のみの求人は変わらずあります。そして、増えている印象です。大手検索サイト、大手SNSなどのカスタマーサポートプロジェクトも新たに始まり、電話を受けるだけの業務から、動画の審査、広告審査、メールやチャットなど文字情報など、カスタマーサポート業務も多様化しています。

また、クアラルンプールや周辺のセランゴールはもちろん、ペナンなど街としての賑わいや美しさはありながらも、コストが比較的安く暮らせる街にもコールセンターが進出しています。

こういったグローバルプロジェクトの日本語担当として、カスタマーサポート業務に携わるのが、ネイティブ日本語スピーカーとしてのあなたの役回りです。日本語のみで業務を遂行することができるため、採用条件も日本語のみでOKということになりますので、安心してください。

新規プロジェクトの立ち上げ時には、新規採用が一気に増えるため、チャンスが多いタイミングです。ここで採用されるのが望ましいでしょう。こういった情報は人材紹介会社が持っているので、聞いてみましょう。もちろんソトシゴトに聞いて頂ければ、最新情報をお伝えします。

とはいえ、昇進していくためには英語が必要になります。グローバルプロジェクトですから、上司(直属というよりは、さらに上のビッグボス)は日本語がわからないことが原則になりますので、業務報告に英語が使えないのは問題になるからです。マレーシアで生活する中で、英語を覚えていきましょう。

英語ができた方がベターな理由は以下に書きました。

マレーシアのコールセンターで日本語のみで働ける求人の待遇

マレーシアのコールセンターで日本語のみで働ける求人の待遇

マレーシアのコールセンターの求人を見てみますと、5,500〜9,500リンギット(14万5,000〜25万円)というのが多いです。実際6,000リンギット以下の案件はかなり少なくなってきました

日本語のみの求人の場合、6,000〜8,000リンギット(約14万8,000〜19万8,000円)の間に収まることが多いです。7,500リンギット(約18万5000円)以上の場合は、同業の経験があることが必要かと思います。カスタマーサポートやコールセンターの経験がある場合です。バイト経験も考慮される可能性もあるので、履歴書に関連業務の経験は入れておくようにしましょう

最近、コールセンターや人材紹介会社の人に聞くのは、就労ビザの発給が年々厳しくなっているということです。今後、新型コロナの影響でマレーシア経済も影響を受けると思いますが、こうなってくると外国人雇用には逆風になります。行きたい人は早めに行動した方が良いと思います。

ソトシゴトではマレーシアコールセンターに関する情報や個別のメッセージのやりとりを公式LINEからさせてもらっています。マレーシア・コールセンターで日本語のみの求人の相談などもあればお気軽に聞いてみてください!

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録
LINEで送る
Pocket