マレーシアのWiFi事情を調査しました

マレーシアのWiFi事情を調査しました

「マレーシアのWiFi」と聞いてどのようなイメージを頭に浮かべますか。発展途上国だし、ITやインフラが未発達といったイメージを持つ人も多いのではないかと思います。 

ところが実際に現地に行くと「東京のほうが遅れている!!」と驚く日本人が多いのです。

今回はそんなマレーシアのWiFi事情について調査しました。

マレーシアではWiFiは超充実

マレーシアではWiFiは超充実

マレーシアは日本ほどITインフラが充実していないのではと思っている人がいたら、それは一昔前の認識かもしれません。マレーシアは中規模以上の都市でしたらWiFiは非常に充実しています

マレーシアのWiFi環境の充実ぶりは、日本の数段上を行っていると実感する日本人が非常に多いです。クアラルンプールやその周辺、または地方の中規模都市ならだいたどこを歩いていても無料のWiFiが飛んでいるため、よほどのことが無い限り通信環境に悩まされません。 

外でPCやスマートフォン経由でYouTubeを見る程度なら、公共WiFiで事が足りるという印象ですが、家に固定回線を引くことも可能です。

マレーシアでインターネット固定回線を契約するならどの会社が人気? 

マレーシアでインターネット固定回線を契約するならどの会社が人気?

家に固定回線を引く場合ですが、現地で人気なのは「Yes」や「TIME」という通信会社でしょう。速度100Mbpsで月額100リンギット(約2,700円)というのが一般的な水準のようです。

ただ、2年契約という縛りがあるケースが多いため、なかなか固定回線の契約に踏み込めずにいる人も多いようです。慎重に考えたいものですね。

WiFi料金は家賃に含まれていることも 

また、一人暮らしの日本人が自宅にWiFi回線を引くことは少ない印象です。というのも、大家さんがすでにWiFi込で家賃を設定しており、現地の生活に不慣れな日本人もWiFi込みの物件と契約することが多いからです。

マレーシアでもポケットWiFiは人気 

マレーシアでもポケットWiFiは人気
マレーシアの大手通信会社dijiの店舗

マレーシアでも現地のポケットWiFi契約は可能です。

工事不要 

家にWiFi回線を引くのが面倒、手軽さ重視、という人は現地でポケットWiFiを入手するケースもあります。 

後述するdijiという現地の通信企業が出しているサービスでは、月単位での契約が可能です。例えば、コンドミニアムを短期で引っ越す可能性が高い人は万が一の違約金を考えると、自宅に回線を引くのを控え月単位契約ができるポケットWiFiを契約するほうが安心かもしれませんね。 

月単位契約の料金はルーター購入に約7,800円かかりますが、その他の月額料金は50GBで1,700円程度です。

ポケットWiFiを契約できる場所

ポケットWiFiが契約できる場所は結構限られています。いくつかのショッピングモールに出店している店舗で契約が可能です。

日本からポケットWiFiをレンタルする必要は? 

結論から言いますと、日本からわざわざレンタルする必要はありません。diji以外にもMaxisという会社がポケットWiFiを出しています。

マレーシアの無料WiFi

「Old Town White Coffee」など、マレーシア大手コーヒーチェーン店ではレシートに無料WiFi情報が記載されている
「Old Town White Coffee」など、大手コーヒーチェーン店ではレシートに無料WiFi情報が記載されている

マレーシアはアジアの中でもノマド滞在者が多い国。彼らはマレーシア滞在中の通信手段として公共のWiFiを頼りますが、滞在最大日数である90日を過ごす間は結局無料のWiFiで済んでしまったという感想をよく聞きます。それくらい公共の無料WiFiが充実している国なのです。

カフェではレシートのWiFiパスワードを確認

スターバックスやマレーシアのチェーン店「Old Town White Coffee」など、大手コーヒーチェーン店ではだいたいレシートに無料WiFi情報が記載されています。 

また、個人経営のカフェでも多くの場合は無料WiFiを使用させてくれますのでご安心下さい。テーブルやレジ横にID等が貼ってありますが、もし見つからなければ、店員さんに申し出れば教えてくれることがほとんどです。

周りのお客さんやスタッフも周りをあまり気にしていないので、コーヒーを頼むと長居できてしまいます。

ホテルのロビーでも無料WiFiが提供されていることも多い

ロビーの受付横に貼ってあることが多いですが、ホテルもカフェと同様に無料でWiFiを提供しているケースが多いです。もしWiFi情報が見つからなければホテルマンに尋ねましょう。たとえ宿泊客でなくても、ロビーでの使用なら無料使用させてくれるホテルが非常に多いはずです。 

ちなみに、こちらがマレーシアのクアラルンプール中心部にある3つ星チェーン店ホテルのロビーで試したWiFi速度です。(2020年7月21日調査)

マレーシア3つ星チェーン店ホテルのロビーで試したWiFi速度

爆速というほどではありませんが、YouTubeも難なく視聴でき、インターネットも快適に閲覧できました。

なぜ公共WiFiが多いのか? 

最大90日も滞在するノマドワーカー達が「マレーシアは公共WiFiで十分暮らせる」と豪語してしまうほど、公共施設でのWiFi環境は充実しています。 

なぜこんなに充実しているのか。それは、飲食店やショッピングモールが多いお国柄だからではないでしょうか。その数に比例して公共WiFiアクセスポイントも多くなります。この充実ぶりは、たしかに日本の数歩先を行っていると言えるでしょう。

マレーシアの通信会社環境 

マレーシアの通信会社環境

スマホの通信プランや契約プランが豊富で、料金も安いマレーシア。「通信はスマホのみ」という人のために、スマホの現地事情も記しておきます。

プリペイドSIM&無制限プランが当たり前

結論から言いますと、マレーシアに到着した日にそのまま空港でプリペイドスマホを契約し、そのまま気が済むまでプリペイド契約をし続ける日本人が多いです。日本からぜひSIMフリーのスマートフォンを持参しましょう。 

通信企業で人気なのは大手のMaxis、dijiなどでしょうか。空港にはこうした通信会社がブースを出しています。空港に着いたらまずこれらのブースに行き「プリペイド契約をしたい」と言いましょう。店員がその場で料金プラン表を見せてくれますので、そこから好きなプランを選びます。プランを決めて店員に告げたら、あとは5分ほどその場で待つのみ。店員がSIMカードの挿入、通話と通信のアクティベートなどを慣れた手つきで済ませてくれます。 

ちなみに、Maxisに紐づいたSIMカードはHOTLINKというブランドになりますが、通話・通信し放題の無制限プランで月額35リンギット(約900円)という安さです。 このプランの場合インターネットの速度は3Mbpsになります。料金によって速度が変わります。

通信ができるようになれば、通信会社が提供するWiFiにも繋げます。YouTubeも見られますし、インターネットも楽しめます。

慣れてきたら一定期間の契約 

プリペイドSIMの使い勝手があまりにも良いため年間契約に切り替える人は少ない印象ですが、2年契約など長期契約をする人もいるようです。ただし、途中解約にともなう違約金の発生など各社とも細かな制限を設けていますので、契約時には注意してください。

インターネットがあれば、本当に日本と変わらない生活を享受できます。ぜひ、マレーシアのWiFi環境に慣れていってくださいね。

マレーシアのSIM事情は別記事に詳しくまとめています。マレーシアに渡航・滞在の予定がある方はチェックしてみてください。

マレーシアのコールセンターで働くことや給料や現地での生活など、ご質問や不安が有る方はソトシゴト公式LINEからお問合せ下さい。最新情報を個別にお知らせします。

LINE登録
LINEで送る
Pocket