新卒でもマレーシアのコールセンターで働ける?

  • 新卒でもマレーシアのコールセンターで働くことはできるのかな
  • 新卒でマレーシアのコールセンターで働くことのメリット・デメリットとは何だろう

こういった疑問に答えます。

最近は大学生でも留学が必須化されている学校も増えてきました。留学だけではなく、実際に海外で働きたいと、新卒の頃から考える方も増えているようです。

大学生3年生の方から問い合わせを受けました。日本の就職活動のスケジュールに合わせて問い合わせをしてくるんでしょうね。

実際、社会人経験がなくてもマレーシアのコールセンターで働くことはできるのでしょうか。

新卒でもマレーシアのコールセンターで働くことはできます

NewImage

結論から言えば、新卒でもマレーシアのコールセンターで就職することは可能です。

ただしマレーシアのコールセンターでMSCライセンスという政府からビザ発給に関して優遇を受けている会社に限られます。基本的に大手のコールセンターは持っています。ビザ発給プロセスについても通常とは異なるルートが用意されています。なので、そこまで心配しなくて良いです。「海外コールセンター就職ナビ」にお問い合わせいただければ、MSCライセンスを持っている会社を中心にご紹介します。

ちなみに、タイでもコールセンターなどBOI(タイ投資委員会)の承認を受けた企業は新卒でもビザが出る可能性はあります。タイは日本からの就業希望者が元々多い土地柄、日本人の給料はとても安いです。

マレーシア・コールセンターでの海外就職、新卒の人はバイトも職歴に認められることも

part time

マレーシアでビザを申請する際ですが、アルバイトなどのパートタイムの仕事も職歴に認められることがあります。在職証明書が求められるので、後々、在職証明書を頼めるようアルバイトもなるべく円満に辞めておきましょう。ところで、海外の場合、正社員、契約社員、パートタイムなどの雇用形態はほとんど区別されません。

新卒でマレーシアのコールセンターに行きたい場合のスケジュール

NewImage

マレーシアのコールセンターの場合は、新卒でも欠員補充が原則です。

就職活動の前倒しというのが今でも議論になっています。昨今は人手不足ということもあって、早く就活が決まってしまう人も多いようです。

このため、海外就職を新卒で目指す人も大学3年生の卒業まで1年以上時間がある時から、企業や人材紹介会社にアプローチしてくる人も多いようです

これは間違っています

企業はすぐに働いてくれる人を求めています

また、人材紹介会社は特に「良い条件の求人があればすぐに」転職してくれる人を最優先に作業します。みんな直近の売り上げが必要だからです。

もしあなたが本気で海外就職を新卒狙うのであれば、卒業の約3ヶ月前に、企業にエントリーするか人材紹介会社に登録すれば良いでしょう。すぐに働けると言うのであれば、人材紹介会社や企業もあなたの採用を真剣に考えてくれるでしょう。

マレーシアのコールセンターへの新卒就職、メリットとデメリット

メリットは若い内に海外で働けば日本で評価されることがあることでしょう。数年働いて日本に戻ろうと思っても、まだ30歳前だったりします。蓄えた語学力やマレーシアでの人脈を武器に転職したり、起業したりできるでしょう。海外で働いた経験は日本でも絶対に生きるものです。

一方、デメリットは新卒カードは1回しか切れないということです。日本の雇用形態に批判的な意見もありますが、大企業からスタートアップまで未経験で入れる国というのは日本だけだったりします。

海外就職であれば、人材紹介会社ならJACリクルートメントはオススメです。日本の場合は30代以上の人の利用が多いようですが、海外では若い人向けのポジションもあるようです。20代前半の人も気兼ねなく登録してしまいましょう。

海外コールセンター就職ナビ」では、マレーシアのコールセンター・カスタマーサポート企業の求人情報・試験対策(タイピング試験)・面接対策などご質問を受けています。LINEから公式アカウントを登録してください!